スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

元スーパーベイビーのNEE 17

NEEの実家を後にしてウドンタニ中心街のホテルにNEEと一緒に戻る、もう夕暮れだった。

この日がNEEと過ごす最後の夜、ホテルの部屋の中に入りNEEが手帳みたいな物を見ている時だった。
手帳の表紙の裏に、NEEと日本人の男がツーショットで写っているプリクラが貼ってあるのが見えた。私はNEEにその事を問い詰めた。

既にNEEに対して特別な気持ちは無かったが、私がバンコクで他の娘と遊んでいた事がバレた時はあれほど私にキレたのに「自分はなんなんだよ」という思いからだった。
「自分だって他に男がいるじゃん」との私の問いに対してNEEは何も答えず、バンコクで私が他の女と遊んでいた事ばかりに言及して論点をずらす事しか言わない。

ただ私はNEEの隣に写っている日本人の男性を知っている、初めてパタヤでNEEを2日連続で間ペイバーして遊んでいた時に何度か日本人の「○○」さんの事をNEEが話していたからだ。
○○さんはタイ在住の方でパタヤに遊びに来た時はNEEをいつもペイバーしていたらしい、私がNEEと出会う以前からのお得意さんだ。

これは私の憶測ですが、○○さんはNEEの事を気に入っていてNEEも同じ思いで、できれば○○さんと結ばれたい。
しかし○○さんはタイ在住でもパタヤに来ている時だけしかNEEに会わず、NEE「○○さんは私の事は遊びだ」と言う思いがあったと思います。

そんな時に私が彼女をペイバーして日本に帰ってからも電話をしていたので、自分(NEE)に対して深く興味を持ってくれる者が現れた。
そして店を辞めて田舎のウドンタニに帰ってからも連絡をとり、次にタイに来た時に一緒にウドンタニまで行くと言った私にあわよくば・・・、と言う思いがNEEにはあったと思います。

とは言っても私とNEEは前回にパタヤで夜を2日間一緒に過ごしただけで今回が2度目の再会、私の事は様子見で○○さんとの関係も当然維持したいと思ったでしょう。
そして私との再会時にバンコクに来てみたら、私が訪タイ日を3日間偽り他の娘と遊んでいたと・・・

結局NEEからしてみれば○○さんとの関係を維持しつつも彼はいまいち本気ではないので、私をウドンタニに連れて来て取り込む事ができれば私に照準を絞ろうと考えていたと思います。
しかしいきなり私の浮気?が発覚し信用できなくなった、そんなところだろうと思います。

あくまで私の憶測ですよ・・(^^;)

罪悪感を持ったり、4万バーツ渡したりしてなんか損したぁ~とか思ったりもしたんですが「そんな事はもうどうでもいいや、早くバンコクに帰りたい!パタヤに行きたい!!」と思っていました。
実はこの時は仕事の変わり目で長期休みが取れて、ビザ無しでタイに滞在できる最長30日間の日程でタイに来ていたんです。
この日はタイに来てまだ10日位だったのであと20日間あったんですね、なので早くバンコクやパタヤで遊びたいと思っていましたw



そして次の日バンコクに向うべくウドンタニ空港へ、NEEが日本に帰ったらいくらでもいいからお金を送金してくれと銀行口座番号の書いてある紙を私に渡してきました。
なんてずうずうしいんだ?とりあえずその場凌ぎでわかったと紙を受け取り飛行機に乗った。

機内でバンコクに着くまでの間に、昨日NEEの母親につけられた左手首の白い紐の輪っかを外しましたww
そして無事にバンコク・ドンムアン空港に到着し、バンコク市内へと向いました。


PA160068.jpg
8日ぶりのバンコクだぁー!! (ピンボケですみません^^;)

👇ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
スポンサーサイト
2013-09-30(Mon)
 

元スーパーベイビーのNEE 16

NEEが紹介してくれたホテルはウドンタニ中心街のホテルで、一泊500バーツと安い!
記憶が曖昧ですがダイヤモンドビーチホテルのスタンダードタイプの部屋の1.5倍位の広さでした。
NEEは慣れた感じだったので、過去に何度かこのホテルにフェーン?やカスタマー?を紹介しているのでしょう。

ウドンタニ滞在の残り二日はNEEの実家からホテルに宿を変えましたが、夜はNEEも私のホテルに一緒に泊まりました。
昼間はこれまでどおりNEEの実家周辺にバイクで移動し、のんびりと過ごしてました。

そして翌朝バンコクに帰る前日のウドンタニの最終日に、予期せぬ出来事が・・・
私はNEEに4万バーツを請求されました・・・

請求されたと言うよりは、一週間のNEEへのチップ、私のNEEの実家での宿泊費や身の回りの世話、バイクでの移動費、ウドンタニからバンコクまで私を迎えに来た交通費などなど全て込みらしい。
NEE曰くホテル代などを考えると、これでも安いらしい・・・

私は最後に1万バーツ位(多くても2万バーツ)をNEEに渡そうと考えていたので予想外だった。
おそらくなんですが、バンコクで他の娘と遊んでいたのがバレていなければ4万バーツまでは要求されなかったと思います。

あの一件で彼女の私に対する見方や気持ちが変わり、その後もそれが原因で何度かウドンタニで険悪な感じになったりもしました。
私の事を信用できなくなったNEEは、私(KOJI)の事を「ひょっとしたら私(NEE)の面倒をみてくれる人になってくれる人かもしれない」から「太い顧客」になったんだと思います。

バンコクからウドンタニまで7泊8日でNEEを拘束して、1日あたりのチップが4000バーツとして合計約32000バーツ。
NEEの実家に泊めてもらった事をホテル代と換算して、その他バイクなどでの移動費諸々を考えればNEEの言う通り高くはなく妥当かな。

それにタイへ来る日を3日偽り、他の娘と遊んでいたと言う罪悪感もあったので4万バーツをNEEに渡しました。

しかしそんな気持ちも後に、ある出来事で吹き飛びました・・・


明日はバンコクへと戻るので最後にNEEの実家に行った時に、NEEの母親が私の左手首に白い紐の輪っかをつけてくれた。
イサーン娘がよくつけている例のやつだ、金づるになるおまじないなのだろうかw


P9270010.jpg
NEEの実家前、ついにお別れだ。

👇ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-09-27(Fri)
 

元スーパーベイビーのNEE 15

ウドンタニ中心街のディスコに到着したのは夜の10時頃だった、他のタイ人仲間も合流して私を含めて全部で5~6人、店中に入るとそれなりに人が居て賑わっていた。
オカマのピンキーは白地にピンクのハートがプリントしてあるぶかぶかのワンピースみたいな服を着ていて嬉しそうにしていた。やっぱり心は女のようだw

店員がドリンクのオーダーにきて、とりあえず皆で飲めるようにウイスキーボトルを注文した。
店員がウイスキーを持って来て金を払う場面になると、皆うつむき金を出す素振りが全くない。

私が金を出そうとするとNEE「ここはNEEちゃんが出す」と2000バーツを店員に渡した。
以前に本かネットのサイトで読んだ事があるのだが「タイの文化として金を持っている人が出すのが当たり前」、あまりお金の無い人と一緒に食事などに行った時はお金を持っている人が出すのは当然と言った考え方です。

この場では日本人の私とパタヤで夜の仕事していたNEEがディスコでの支払いをするのは当然だと他の者は思っているわけです。
全てのタイ人がそうではないと思いますが、この時は「金は持っている人が持ってない人の分も出すのが当たり前」というタイの風習をリアルに感じました。

GOGO嬢やビアバー嬢などの夜の娘と一緒の時だから日本人含む外国人が食事代などを払うのではなく、一般のタイ人にとってもそれは同じなようです。
例えその時にあまりお金を持っていなくてもタイ人から見れば『日本人=金持ち』と思っているので、今お金が無いと言ってみても「日本人のあなたが私の食事代も出すのは当然でしょう」と思っていると思います。

ディスコに入って1時間程が経過した店内は満員状態、ステージ上では2~3人のスタイルの良いコヨーテが踊っている。
それを見て喜んでいる私を見たピンキーNEEにチクったらしく、後でNEE「あなた私を見てない、私の事好きじゃない」とクギをさされる・・・

日本でもクラブやディスコに行った事がありますが、タイ・ウドンタニの若者は日本のクラブのように立って踊っている者はほとんどいなかった。
皆、椅子に座って音楽に合わせて首を縦にずっと振っている、何か異様な光景でした。


深夜1時頃だったかな?ディスコを後にしてNEEの実家に帰りました、するとNEEから提案が・・・
NEEの実家で寝泊りして5日間の私を見てしんどそうに見えたのか、明日からの二日間はウドンタニ中心街のホテルに泊まったらと言われた。

私はNEEの実家で過ごす事は特に苦ではないのですが、彼女にはそう見えたらしい。
断る理由も無くウドンタニのホテルにも泊まってみたかったのでNEEの提案を受け入れた。

明けて翌日の昼前、NEEのバイクで2ケツでウドンタニ中心街のホテルへと向かった・・・


P9300042.jpg
見慣れた風景ともいったんオサラバ、串焼きの手伝いをする近所の子供。

👇ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-09-24(Tue)
 

元スーパーベイビーのNEE 14

夜の9時頃(だったかな?)ディスコに行く為にNEEの友達が車で家まで迎えに来た。
23歳位のタイ人女でNEE「彼女日本人みたな顔でかわいいでしょう」と私に言う。

確かに日本人みたいな顔をしている、もう少し肌の色が白かったら日本人と言われてもわからない位だ。
落ち着いた雰囲気でNEE達の姐御のような感じだった、車は比較的新しい日本車でマニュアル車だった。 

ウドンタニの田舎で新し目の日本車を持っているなんて家が金持ちか、水商売をしていないと無理だろう。
本人に聞いてはいないが姐御肌の娘はおそらく現役で水商売をしているか、過去にしていた可能性大である。
酒の席で彼女のような人が密着してきて言い寄られたら、大抵の日本人はコロッといってしまうだろう(笑)

ピンキーは既に車に載っていた、私とNEEも車に乗り込みウドンタニ中心街にあるディスコへと向かった・・・


👇ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-09-18(Wed)
 

元スーパーベイビーのNEE 13

一夜明けて5日の朝、今日も早めに起きる。
ここに来て朝はいつも9~10時頃に起きています。

パタヤやバンコクにいると深夜3~4時位まで夜遊びをしているので、翌日は昼前後まで寝ていますので私にしては朝の9~10時でも早起きなんですw
酷い時は夕方の6時頃まで寝てますから朝、昼、晩飯が一緒になりますww

ウドンタニに来てから規則正しい健康的なサイクルで生活していたけど、NEEが今夜はディスコに行くと言うので明日の朝は早起きは無理だろうな(笑)

オカマのピンキーが午前中から遊びに来ていた、私とNEEと3人で何をしたか忘れたがバイク2台で適当にどこかに行って遊んでいた。
途中もの凄い土砂降りに合い近くの民家で雨宿りをさせてもらう、木で出来た掘っ立て小屋に近い家だった。
ついでにトイレもお借りした、家の人達は気さくで温厚な良い人達だった。

この時は9月下旬頃の滞在だったのだがウドンタニでは突然の凄い土砂降りに度々遭遇した、そのような気候、時期なのだろうか?

その後NEEは何かの用事があるみたいなのでピンキーと二人で近場にツーリングに行きました。


P9300046.jpg
バイクでツーリングしてたら川があった、オバサンが魚を取っていたので見学してました。
右側の黒い服を着た人がオカマのピンキー。


P9300046 - コピー
左上はピンキーの拡大図、髪型はおかっぱ頭を少し長くした感じで背は160㎝位でした。

ピンキーNEEの実家に戻った、NEEは私達が戻って来る間に近所の人達と少し博打をして800バーツ位負けたらしく、お母さんに怒られたと言っていたw

ピンキーは家に帰り、もう夕方になっていたのでNEEの家族と外のテーブル席で夕食をとる。
今夜はディスコに行くのだが、NEEの友達が車で家まで迎えに来ると言うことなのでそれまで家でゴロゴロしていた。


👇ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-09-15(Sun)
 

元スーパーベイビーのNEE 12

この集落で一番偉いらしい親父の家でチャーンビールをご馳走になり、親父に「また家に遊びに来てくれよ」と言われて親父の家を後にした。

少し歩くと人だかり見えた、「何だろう?」と覗いて見ると生まれて間もない仔犬が居た。
NEE「かわいい!!」と仔犬に飛びついて抱きかかえた、そして「犬ほしい!」と私に言ってきた。
「えっ?」と思ったら、どうやら仔犬は売り物らしい。

NEEにいくらか聞いてみると「1000バーツ」と言うので買ってあげました。
「ありがとう」と嬉しそうに喜ぶNEE、仔犬を抱きかかえてご機嫌なNEEといったん家に帰る事にしました。


PA010048.jpg
1000Bで買った仔犬、NEEの実家の居間で。

仔犬を実家に置いてきてNEEのバイクでウドンタニ中心街のロビンソンデパートへNEEと一緒に向かう。

買い物をしているとCDコーナーがあって、そこに北野武監督の「HANABI」と漫画「ベルセルク」のアニメ版のDVDが有った。
店員にタイ語オンリーのDVDだと言われたが、家に帰ってもタイのテレビをみる事ぐらいしかする事がないので購入しました。

NEEの実家に戻り、夕飯の支度をするNEE
私は居間で先程ロビンソンデパート買ったDVDを見て夕食が出来上がるのを待っていると、NEEの弟達も横に来て一緒に見ていた。

するとピンキーがバイクに乗ってやって来た、手には大きな魚を持っている。
大きな魚はピンキーの婆ちゃんからの差し入れだと言う、喜ぶNEE
私もイサーンの魚を揚げた料理が好きなので嬉しかった、NEEには魚を「煮る」のではなく「揚げる」ようにリクエストした。

料理ができて家の外のテーブル席でNEEの家族と5人で夕食、相変わらず蠅が何匹もタカってきて蠅と格闘しながらの食事だったww

食事も終わると辺りはすっかり暗くなっていた、家で少し休んでから家の周りを一人で散歩に出かけた。
涼しくて空気がうまい、周りは真っ暗なので星が良く見えて綺麗だった。

こんなに沢山の綺麗な星を見るのは生まれて初めてだった・・・


👇ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-09-12(Thu)
 

元スーパーベイビーのNEE 11

ウドンタニのNEEの実家に来てから4日目、ここでの生活や人達にも少し慣れてきた。
甕(かめ)の中に溜めてある雨水で頭や体を洗ったりするのも人生初体験で初めは「えっ?」と思ったが、慣れてくると意外と心地良いw

特にシャンプーなんかは冷たい水だと泡立ちが悪くて頭も冷えて嫌だったんですが、だんだん苦にならなくなってきた。 習慣とは恐ろしい・・・ 

NEEと近所の集落に足を運ぶ、初めにここに来た時に感じた事は「またあの娘(NEE)が外国人の男(客)を連れて来た」と言う視線や空気を少なからず感じた。
日本でも似たようなものですが地元や近所の人達が「またあそこの娘が違う男を家に連れ込んでいる」みたいな感じですかね。

家族や近所の人達にはNEEはパタヤのレストランで働いていると言う事になっているみたいだが、本当は夜の仕事をしていることは皆わかっていて暗黙の了解のようだ。
家族の為にイサーン地域から多くの若い娘達がバンコクやパタヤなどに夜の商売で出稼ぎに行く事は、タイ全土でもよく知られているのでそう珍しい事ではないのだろう。

近所の人達もその事に触れたり、表立って批判する者は誰もいない。
ただNEEは私にこう言った「タイ人本当はソーペニー(娼○)嫌い」、ウドンタニに来て厳しい現実を目の当たりにした感じだった。


P9300044.jpg
タイの田舎は更にのんびりしています

NEEと一緒にオカマのピンキーの家に行った、NEEの家よりは大きくて立派だった。
NEE曰くピンキーのお婆ちゃんは金持ちらしい、ピンキーのバイクもお婆ちゃんから買ってもらったみたいだ。

そしてピンキーの家よりも更に大きな家に連れていかれた、入口付近に犬がいて私に襲いかかる勢いで吠えてきた。
臭いでわかるのか私だけに吠えて付きまとう犬、私の身を守ろうとNEEや他のタイ人が間に割って入る。

家の中に入ると50歳前後の親父が昼間からチャーンビールを飲んでいた、この集落では一番偉い(金持ち?)人らしい。
親父が横に座れと言うので横に座り、ビールを注がれて飲む。

「この親父は今日は休みなのか?それともいつも昼間から酒を飲んでいるのか?」

初めてタイに行った時に一緒に行ったTKさんが「タイの田舎の男は昼間から酒飲んでるか、博打やってるよ」と言っていた事を思い出した。
ここに来る前にも博打をやっている人達を見かけたので「やっぱりそうなのか?」と思ってしまったw

偉い親父から「家の家電製品は日本製ばかりだよ」と上機嫌で言われ、私の日本での収入はいくらだ?と聞かれたのでバーツに換算してNEEに伝えてもらった。
すると親父は驚いて「やっぱり日本は凄いな~」と言ってましたが、普通に日本のサラリーマン位の給与なので特に私の給与が特別高いわけではないです。

NEEの話しによるとこの辺りのタイ人男性の給与は月5千バーツ位らしい、ちょっと安すぎないかと思いましたが当時バンコクの新大卒者の月収が1万バーツ位と言われていたので妥当なのかなと思いました。

給与は安くても食べ物に困ることはないので住むとこさえあれば暮らしていけるのでしょう、日本人みたいに毎日仕事に追われないのである意味人間らしく幸せな生活を送っていると言えるでしょう。


P9300040.jpg
村人が昼間から博打をやっている様子、帽子を被ったオバサンと茶色い服を着たオッサンが何か言い合いをしていた。 右側の立っている男もカマですw

👇ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-09-09(Mon)
 

元スーパーベイビーのNEE 10

明けて次の日、今日はノンカイに行く日だ!!
ウドンタニへ向かう前にNEEにリクエストをしていた、メコン川を見たいのと対岸のラオスに行ってみたかったからだ。

ノンカイまではどうやって行くのかと言うと、NEEのオカマの友達ピンキーのバイクで行くのだ。
ピンキーの運転で3人乗りで真ん中にNEE、一番後ろに私が乗りキツキツだ。

ノンカイまではほぼ直線の道のりで、最高速で時速80キロ位までスピードが出ていて少し恐ろしかった。
大型トラックやバスを抜き去る時にピンキーがバスやトラックに向かって大声で何か悪口を言っている(笑)、当然バスやトラックの運転手には聞こえないだろうがNEEがそれを聞いていてバカ受けしてたw
私にはピンキーが何を言っているのかわからないが、悪口を言っているのだけはわかった。やはりカマは口が悪いww

半分位来た所でバイクにガソリンを補給、ケツが痛いw
再び3ケツでノンカイを目指している途中、小雨よりやや強い雨が降ってきた(>_<)
何とか雨を凌いでやっとノンカイに到着、ウドンタニからノンカイまで3人乗りのバイクで2時間の道のりだった・・・


ノンカイに着いたのは昼過ぎで、とりあえず腹が減ったのでメコン川沿いのタイレストランで昼食をとる。
初めてのメコン川を見て感激!! 対岸はラオスだ!!

この後ラオスに行こうと思っていたらパスポートをNEEの部屋に置いてきた事に気づく、普段はホテルのセーフティーボックスに日本円の入った財布と一緒に入れているので、そのクセで置いてきてしまった。
なのでラオス行きは、あえなく断念(T_T)

気をとり直してノンカイにある遺跡を見に行く事になった、入場料は10バーツ。安い!!


P9280021.jpg
入場料10バーツは安い

P9280027.jpg

P9280024.jpg
変てこな形をした像

P9280023.jpg
かなり年季が入っている

P9280022.jpg

P9280026.jpg
魚が居たのでエサをあげました

ノンカイで遺跡を見た後、再びバイク3人乗りで2時間の道のりをウドンタニまで戻りました。
この日は疲れたので早めにNEEの部屋で寝ました・・・


👇ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-09-06(Fri)
 

元スーパーベイビーのNEE 9

いったんNEEの実家に戻り、NEEのパタヤナンバーのスクーター(笑)で2ケツでタイレストランに向かう。

レストランと言っても食堂みたいな店だ、何を食べたか覚えてないけど可もなく不可もなくといった感じだったと思います。
値段も高くはないけ、どそんなに安いって程でもなかったと思います。
(曖昧な表現ばかりで申し訳ないです・・・)


P9280019.jpg
タイ料理店での私(笑) 
着ているTシャツは確かパタヤのビックCで199バーツで買ったと思いますww


昼食を終えてNEEの実家に戻り少しのんびりとする、暫くしてNEE「晩御飯は何が食べたい?」と聞かれたので「何でもいい、任せる」と答えました。
夕飯の食材の買い出しを兼ねて再びNEEのパタヤナンバーのバイクで2ケツで街中方面へ向かう、途中NEEが郵便局に用事があると言うので郵便局へ寄る。

郵便局でNEEの用事が済むまで外でバイクにまたがって待っていると、警察官が近づいて来て私にタイ語で何か言ってくる。
タイ語は少しの単語しかわからないので「マイカウチャイ」を連呼する私(笑)、するとNEEが郵便局から出て来て警官とタイ語で話して無事に解決。
何事か?と思ったら「ウドンタニでなんでパタヤナンバーのバイクに乗っているんだ?」と言っていたらしい。
盗難したバイクではないのかと疑ってたらしいw

NEEの用事も終わりスーパーへ買い出しに向かう、10分位バイクで走ると大きなスーパーに到着。
かなり大きなスーパーで駐車場も広くコストコみたいな感じだ、食品以外にもNEEは日用品や洗面用具など沢山買い込み合計で5600バーツ位(だったかな?)の買い物をした。
当然支払いは私である・・・(-_-;)


P9300045.jpg
ウドンタニの空は青く澄んでいた

大量の品物を持ってNEEの実家に戻り、NEEが夕飯を作って外のテーブルで私、NEE、弟二人、母親の5人で食事をする。
料理に複数の蠅がタカってくるが特に気にせずに食べる、何度もここでNEEの手料理を食べたが食あたりなどで体を壊す事は一度もなかった。
既に私はタイ人の体になっていたのだろうかw

後日談なんですがNEEは、私がNEEの家族と一緒に実家で何度も食事をした事が嬉しかったと言いました。
彼女は14歳の時からビアバーで働いていたと言っていましたから、恐らくこれまでにも何度か外国人の客を自分の実家に連れて来ていたのだと思います。

その中でも自分の家族と一緒に実家で食事をしたカスタマー?は多分いなかったんでしょう・・・


👇ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-09-03(Tue)
 

元スーパーベイビーのNEE 8

次の日の朝目覚めたのは確か朝の10時頃だったと思います、顔を洗いに浴室に向かう。
浴室から出ると、NEEの弟達と近所の子供達が表で遊んでいる、私も地方の出身だが昔の日本の子供とたいして変わらない。微笑ましい光景だった。


P9270011.jpg
NEEの実家の前
畑や草むらで辺り一面を緑で覆われていて、道も細くて舗装されていない。


NEEと一緒に家の近所の集落に出て散策、日本人(外国人)が珍しいのか皆チラチラ(ジロジロではない)と私の事をチラ見する。
その中で一人だけやや背の高い髭面の30歳位の男が私をガン見する。

NEE「アレは馬鹿だから見ちゃだめ、頭おかしい」と私に言った。
「あいつは精神異常者か」、確かに見た感じチョット普通じゃないなと思い、知らない不利して関わらないようにしていた。

少し歩いていると一際大きくて立派な家が見えてきた、するとNEE「これは日本人と結婚したタイ人の家」と言った。
家の正面に差し掛かると、門の上に袴を着た日本人男性と着物を着たタイ人女性の結婚時の大きな写真が飾ってあった。

次にNEEは道を挟んで斜め向かい側の家を指差して、「あれはアメリカ人と結婚したタイ人の家」と言った。
こちらも日本人と結婚したタイ人の家に負けない位、大きくて立派な家だった。

この2軒の家が周りの他の家より突出して大きくて立派な家だった、まるで競い合うような感じで対面に建っている。
ウドンタニのこんな田舎の集落でも日米対決かww


NEEも私に家を買ってほしいから言っているのだろうか、本当に買ってもらえるかどうかは別としても期待はしているはずだ。
私は一応NEEに家はいくらで買えるのか聞いてみた、すると「50万バーツ」と言う答えが帰ってきた。

私 「へぇ~、安いね」

NEE 「安いでしょ~」

私 「・・・」  NEE 「・・・」

それ以上は家の話しはしなかったw


P9300039.jpg
NEEの実家の近所の様子、どこの国でも子供は好奇心旺盛だ。

少し早いけど、NEEと二人で昼飯を食べにタイ料理の店に向かった。

👇ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-09-01(Sun)
 
プロフィール

kojipataya

Author:kojipataya
タイ・特にパタヤとサムイ島が
大好きです!

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
管理人へのお問い合せはこちら!
ブログ主kojipatayaへ意見など  直接連絡を取りたい場合はこちら  までお気軽に!!

名前:
メール:
件名:
本文:

タイのナイト情報がいっぱい
清き一票とコメントをお願いします!
日本の時間

バンコク:現地時間
タイ料理を食べよう!
1日1タイ語を覚えよう!
天気予報
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
A GO GO
パタヤ
現在の閲覧者数:
毎日ひと押しお願いします↓(>_<)
パタヤのホテルはここで!!
バンコクのホテルはここ!!
今一番お得なのはここ!クリック!!
タイ旅行・格安航空券ならHIS!
JALマイルでタイに行きました!
タイ旅行のホテル選びはココ!
安く訪タイ!!
タイツアーなら!
タイの事ならお任せ!
明日にでもタイに行きたい!
ホテル直前の予約がお得!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。