タイを出国

メコン川を眺めながら食事を終えた私達は、ラオスへ入国する為に国境に向かいました。

DSC01519.jpg
メコン川沿いにポストがぽつんと、何故か青色です。

DSC01520.jpg
メコン川沿いのお土産屋に美味しそうなワインが安く売っていたので買おうと思ったのですが、荷物になるので買うのをやめておきました。

DSC01521.jpg
またしてもトゥクトゥクもどきで移動します、珍しく女性のドライバーでした。
料金は30バーツ、これが相場なのかな?


DSC01522.jpg
真っ直ぐ行くとウドンタニ

DSC01523.jpg
出国ゲートが見えてきました

DSC01524.jpg
タイを出国してラオスへ向かう車

DSC01525.jpg
これからタイを出国します

DSC01526.jpg
タイ出国スタンプ押す姉ちゃん達、何故か嬉しそうw

DSC01527.jpg
私は真ん中の姉ちゃんがタイプです(笑)

DSC01528.jpg
タイを出国しました。一昨日の0時過ぎにタイに入国したので、僅か1日半足らずでタイを出国ですw

ラオスへの入国ゲートまでは、バスでメコン川を越えて行きます。

DSC01529.jpg
バス料金は15バーツ

DSC01530.jpg
バスで「タイーラオス」友好橋を渡ります、メコン川が見えてきました。

DSC01531.jpg
左側がラオス、右側がタイ。

DSC01532.jpg
ラオス側の陸地が見えてきました

DSC01533.jpg
ようこそラオスへの看板(多分)、ついにラオスへ入国です!

↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-31(Thu)
 

メコン川を見ながら昼食

土手を登るとメコン川が見えてきた、国境の川だ。

DSC01505.jpg
メコン川、向こう側はラオス。

私達は食事をする所を探す為メコン川沿いを歩きました。

DSC01506.jpg
カップルが川を眺めていました

DSC01507.jpg
向こうに見える橋は、タイーラオス友好橋。

DSC01508.jpg
水上レストランで食べようと思っていたら、まだやってなかった。

DSC01511.jpg
この周辺の案内地図

DSC01509.jpg
100メートル先位に象が居たので、望遠で写真を撮っていたら見つかって寄って来ましたw

DSC01510.jpg
近くまでやって来てエサをやれみたいな事を言ってたので、20バーツでエサを買って象に与えてやりました。

時間はまだ10時30分位なんですが更に歩いて行くと営業している店があったので、早めの昼食をその店で食べる事にしました。

DSC01512.jpg
お客はまだ誰も居ませんでした

DSC01516.jpg
私が注文したシーフード・カオパット、味は悪くないのですが米がやや硬くてパサパサでした。

DSC01515.jpg
自在人さんが注文した豚肉のカオパット、写真じゃわからないと思いますがMサイズ(中)なので結構量が多かったです。

DSC01518.jpg
トムヤンクン、160バーツ。普通に美味しかったです。

DSC01513.jpg
メコン川を眺めながらの食事は贅沢?

DSC01514.jpg
注文をとりに来たオバサン、かなりプンプイですw

私達は食事を終えてタイーラオス国境へと向かいました。

↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-30(Wed)
 

ノンカイに到着、メコン川へ。

約1時間程遅れましたが、私達は無事にノンカイまで到着しました。

DSC01494.jpg
無事にノンカイ駅まで到着

DSC01492.jpg

DSC01486.jpg
みんな電車を降りて行く

DSC01490.jpg
この列車はノンカイからビエンチャンへの国境超えの列車
駅のホームにまで野良犬がいるとは(笑)


DSC01491.jpg
こちらは国境超えの列車に乗る人達

DSC01495.jpg
ノンカイ駅の待合所、なんで椅子が赤なんだ?

駅のホームを出ると小さいトゥクトゥクみたいなのが数台待機していた。
私達は爺さんのトゥクトゥク(もどき)を選んだ、SAさんがタイ語で交渉をしてメコン川沿いまで30バーツで行ってくれる事になった。

「えらく安くないか?」と思った私はSAさんに「この爺さん後で高い料金を請求して来るんじゃないですか?」と冗談まじりに言うと
SAさんは「大丈夫ですよ、この人はそんな事しないですよ」と。


DSC01496.jpg
これが小さなトゥクトゥク(もどき) 多分大人4人しか乗れませんw

DSC01497.jpg
この爺さんのトゥクトゥクもどきでメコン川まで行く事に。なんかサンタクロースみたいな爺さんだったww

DSC01499.jpg
サンタ爺さん運転のトゥクトゥクもどきで出発!

DSC01498.jpg
さようならノンカイ駅

メコン川沿いのレストランでやや早い昼食を食べようと、トゥクトゥクもどきに乗って移動中なのだが。
このトゥクトゥクもどき遅い! そしてうるさい!!

スピードは20キロ位で走り、全開で飛ばしてもおそらく30キロ位しか出ないだろう。
サンタ爺さんはアクセルを全開にしていた。

そして音がもの凄くうるさく、今にも壊れそうな音を出している。
おそらくトゥクトゥクの倍位うるさいww


DSC01502.jpg
ノンカイ駅からメコン川まで向かう道中

DSC01503.jpg
だんだんと栄えてきた

DSC01504.jpg
メコン川沿いの繁華街に到着、すぐ横にはメコン川。

メコン川沿いに到着して、サンタ爺さんに30バーツを渡した。
SAさんの言うとおり爺さんはぼったくろうとはしなかったw

長い時間をかけてやっとメコン川まで来た、私達はとりあえずメコン川を見ようと足を進めました。


↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-29(Tue)
 

寝台列車でノンカイへ向かう

ファランポーン駅構内で買い出しを済ませたので、列車に乗る為に駅のホームへと向かいました。

DSC01473.jpg
20時発のノンカイ行き 5番ホーム E・69に乗って行きます

DSC01466.jpg
寝台列車のチケット、予定では翌朝の8時25分に着きます。(あくまで予定ですw)

寝台列車のチケットは、前もってSAさんに購入していただいていました。
寝る時は2段ベットになり、1階のベットのチケットで大人一人758バーツです。(1階の方が高い)


DSC01459.jpg
駅のホーム

DSC01465.jpg
「BANG KOK」の看板

DSC01482.jpg
ホームには売店があります

DSC01467.jpg
売店は商品が結構充実しています

DSC01460.jpg
列車が見えて来ました

DSC01462.jpg
この列車に乗ってノンカイまで行きます

無事列車に乗り込み腹が減ったので、先程駅構内で買ったチキンをつまみにビールを飲む。
ゲップが連発して出て、それを見た隣のファランのカップルの男性が大うけして笑っていたw

列車に乗って1時間位経つが、ドンムアン空港辺りでまだバンコク市内みたいだ。
バンコク市街を出るまではノロノロ運転で時間がかかるらしいが、バンコクを過ぎるとスピードアップしてきた。
窓の外は暗くなり、田んぼや畑、林や森が多くなり同じ様な光景がずっと続く。

夜10時を過ぎると従業員が長椅子をベットに変える為の作業を始めた、この時間帯からは強制的にそうするみたいだ。


DSC01484.jpg
椅子がベットに早変わり、結構快適で寝心地がいい!

1階のベットは快適で寝心地が良く、私は5時間位眠れた。2階のベットはやや狭そうだった。

「コケコッコー」と鶏の鳴く声が聞こえて目を覚ました。
その直後に「モーニング、モーニング」という声も聞こえた。

私は「あれ?」と思い、よく聞いたら従業員が鶏の鳴き声をマネして「コケコッコー」と言っていたのだw
私は「そうだよ鶏が車内に居る訳ないよな~」と思い、なんで従業員が鶏の鳴きマネなんかするのかなと思っていたら、客を起こして朝食や飲み物を売りたいらしい。

私は「な~んだ、そういう事か」と、彼らを無視して再び眠りについた。


DSC01463.jpg
こちらは一等級の席、個室です。参考までに(私が乗った席ではありません)

DSC01464.jpg
一等級の席には洗面台まであります、水もフリーみたいです。

再び目を覚ますともう朝の8時30分位で、私以外の乗客は全員起きていた(笑)
もうノンカイまで着いている時間なのだが、予想どうり遅れていて9時30分頃にノンカイ駅に到着した。


↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-28(Mon)
 

初めてのラオス

今年の年始、人生初のラオスへ旅立ちました。(大げさw)
バンコク在住の友達SAさんが年始にラオスへ行くというので、「私も行きます」と即答。

実は私8年位前にノンカイに行った事があるのですが、パスポートをSBのGOGO嬢のウドンタニの実家に置いてきてしまいラオスへ行けなかったんです。(T_T)
目の前のメコン川の先にはラオスが見えているのに・・・

そんな思いもあったので、ラオスには是非とも行きたかった。
そして私のブログにリンクさせていただいている自在人さんも以前からラオスへ行きたいと思っていたらしく、タイ滞在時期も被り一緒にラオスへ行く事になった。


DSC01653.jpg
ラオス・ビエンチャン 凱旋門

バンコク・ファランポーン駅から寝台列車でラオスとの国境の町ノンカイまで行き、陸路での国境越え。
2年前のカンボジアに続き、私自身2度目の日本以外の国から他国への入国でワクワクしてましたw

ラオスへの旅は2泊3日で、首都ビエンチャンに2泊してバンコクへ戻る予定。
1月3日20時発の列車に乗る為、18時にBTSエカマイ駅でSAさん、自在人さんと待ち合わせをして地下鉄でファランポーン駅へと向かった。


DSC01457.jpg
エカマイ駅に全員集合!

久々のファランポーン駅、日本で言えば東京駅みたいな感じだ。
列車の出発までまだ時間があったので、ファランポーン駅構内を散策した。


DSC01476.jpg
ファランポーン駅 構内

DSC01472.jpg
切符売場

DSC01474.jpg
駅構内で座り待ち、お馴染みの風景w

DSC01471.jpg
ここでもファラン多し

昼から何も食べてなかったので構内のコンビニでお菓子と缶ビールとジュースと水を買い、露店でチキンなどのつまみを買いました。

DSC01478.jpg
左側が揚げ物屋、右側がワッフルみたいなお菓子屋。ワッフルみたいなお菓子がいい臭いしてたので買ってその場で食べました(笑) 美味しかったです!

DSC01481.jpg
構内1階には食堂がありました。あまり美味しそうではなかったのでここでは食べませんでした。

DSC01479.jpg
雑貨屋もありました

DSC01475.jpg
2階にも色々な店があります

DSC01480.jpg
2階にはカフェやバーなどがありました

構内を散策し買い物も済ませたので、駅のホームへと向かいました。

↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-27(Sun)
 

LKメトロのGOGO 「Suger Suger」

パタヤのソイ・ブッカオの更にソイにLKメトロがあります。(ソイ・LKメトロ)
ここには以前からゴーゴーバーが数件あったのですが、この1年位の間に更に増えて10軒程になっています。
その中の一つに、以前からあった「Suger Suger」というゴーゴーバーがあります。


DSC02100.jpg
AGOGO 「Suger Suger」

GOGO「Suger Suger」はソイ・ブッカオからソイ・LKメトロに入る所の角に位置しています。
店は広くもなく、狭くもなくGOGOでは中位の箱かな。
店内には横長のステージがあり、至って普通のGOGOで10人程の娘達が一度に踊ります。

ダンサー達は20代半ば位の娘が多いような気がします、年増のダンサーは居なくてレベルはそこそこだと思います。 コヨーティは居ません。

私の個人的な意見ですが、LKメトロのGOGOではシャンパーニュに次いで「Suger Suger」が2番目に娘の人数、レベルともに良いと思っています。

私は「Suger Suger」でペイバーした事は一度もありませんが、ウォーキングストリートのGOGOよりは安いと思います。


DSC02098.jpg
ソイ・ブッカオ沿いにある「Suger Suger」写真右

DSC02097.jpg
「Suger Suger」には入口が2ヶ所あります。私はこちらのソイ・LKメトロ側から店に入りました。(一番上の写真がソイ・ブッカオ側のもう一つの入口です)

↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-26(Sat)
 

ソイ7のビアガーデンに日本人の若い男女カップルが入って来てビックリ!(゚ロ゚;)エェッ!?

いつも暇つぶしがてら&時たま食事しに行く、スクンビット・ソイ7のビアガーデン
(良い娘が居たら当然対戦しますw)
そこになんと異質な客?日本人同士の若いカップルが入って来たんです(゚ロ゚;)エェッ!?


DSC01848.jpg
スクンビット・ソイ7のビアガーデン

いつものように昼間からビアガーデンでくつろいでいた、ハイネケンのドラフト・ビアを注文して店内の娘達を観察していた。
相変わらず客はファランばっかりで、娘の数は20~30人位か、複数の娘達が私にアピールして来たw

娘達の中には前回の訪タイで対戦した娘もおり(ソイ7のビアガーデンで久々に・・・参照・カテゴリはバンコク夜遊び)執拗にアピールされるが、全く興味がなかったので軽くあしらった。

それ以外の娘では一人エロそうなのが居て結構タイプではあったのだが、この時間から対戦する意欲もなかったので横に座らせなかった。
(今より体力があった数年前なら間違いなく対戦していたw)


DSC01850.jpg
注文したハイネケン・ドラフト

DSC01852.jpg
つまみ&昼食がわりに頼んだフランクフルト、味は今一だった・・・

今一美味しくないフランクフルトを食べながらビールを飲んでいると、東洋人の若い男女のカップルが入って来た。
私は中国人かなんかのカップルが、何も知らないでこの店に入って来たのだろうと思っていた。

私はもう何十回とここに来ているがファランの男女のカップルどころか、ファランとタイ娘のカップルですらこのビアガーデンに一緒に入って来た所を見た事がなかったので、知らないで紛れ込んだのだろうと完全に思っていた。

だがそのわりには妙に慣れた感じで落ち着いている、このビアガーデンに来るのは初めてではないような感じだ。二人で何か本を読んでいる。

私は少し興味が沸いてきたのでトイレに行く時に近くを通り、本をチラっと見てみた。
「えっ? 日本語のガイドブックじゃん!」(゚ロ゚;)エェッ!?
そう、二人は日本人だったのだ!!

私はなんで日本人の、それも若いカップルが昼間からこんなところで旅行ガイドブックを見て打ち合わせをしているんだ?
彼らはアルコールを飲むわけでもなく、明らかに場違いで浮いていた。

だが二人は平然としていて、初めてこのビアガーデンに来たわけでもなさそうだ。
アルコールも飲まなくて、まわりのファランや従業員達と話す訳でもない。

その辺のバーやカフェなどに行かずに何故ここなのだろう?と私は不思議に思っていたら、二人は2~30分すると店を出て行った・・・


DSC01851.jpg
写真右側の白いTシャツを着た二人が日本人のカップル、年齢は20代半ば~後半位。
一番左側の娘が結構タイプのエロそうな娘、私に脈がないとみるやファランに接近(笑)
真ん中のシマシマ服の娘も、初めは私に果敢にアピールしていたw


DSC01857.jpg
いつもドリンクや料理を持って来てくれる、サッカーの中村憲○に似たウェイターのオッサンw

↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-25(Fri)
 

パタヤ行きのバスが値上がりしてた (バンコクーパタヤ)

エカマイのバスターミナルからパタヤ行きのバスが10バーツ位値上がりしてました。
以前は113バーツだったと思うんですが(多分)、124バーツになっていました。


DSC02217.jpg
バンコク・エカマイ → パタヤが124バーツに値上がりしていた

DSC01878.jpg
エカマイのバスターミナル

DSC01883.jpg
パタヤ行きのバス乗り場は一番手前

DSC01882.jpg

DSC01881.jpg
パタヤ行きのバス

DSC01884.jpg
パタヤ行きのバス乗り場の近くには売店があり、裏にトイレがあります。使用料は多分5バーツだったと思う。

私はバンコクからパタヤに行くのに前はタクシーをよく使っていたのですが、近年はバスで移動しています。
以前はキャリーケースごと荷物を全部持ってパタヤまで移動してたんですが、最近大まかな荷物はバンコクで泊まっていたホテルに荷物を預けるか、バンコク在住の友達のアパートに置かせてもらって必要最小限の物をリュックに詰めてパタヤまで行ってます。

そうした方が身軽で動きやすいですからね。気楽だし♪♪


DSC01888.jpg
バンコクからパタヤのバスターミナルまで着きました

DSC01889.jpg
パタヤからバンコク行きの掲示板

DSC01887.jpg
売店

DSC01896.jpg
パタヤのバスターミナルにはパタヤの地図がある

DSC01895.jpg
観光名所の掲示板もある

DSC01893.jpg
バス・チケット売り場

DSC01886.jpg
バンコク行きのバス

DSC01885.jpg

DSC01897.jpg
ソンテオ乗り場、ウォーキングストリートまで確か20バーツだったかな?

私はパタヤにバスで行って、バスターミナルからソンテオに乗った事は一度もないです。
バスターミナルからはいつもバイタクを使ってます、理由は待ち時間が嫌でめんどくさいから(笑)
リュックを背負えば手荷物は無いし楽ちんですからね!(^^)! 速いし!

以前はウォーキングストリートまで60バーツで行ってくれてたんですが、最近は80バーツでないと行ってくれませんね。
それでもバンコクからパタヤまで200バーツ位で行けるので、タクシーよりは大分安上がりです。
時間もそんなに変わらないですしね。複数人で行くならタクシーでも良いですね(^.^)


↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-24(Thu)
 

WS・ソイ15のGOGO「ぺぺ クラブ」に入ってみた

ウォーキングストリート南方面のソイ15を入った所に、ゴーゴーバーが3件かたまっている所があります。
以前本ブログにてご紹介させていただきましたX-ZONEがある場所です。
1年位前はX-ZONE、CATZともう1軒(名前忘れました)のGOGOがあったんですが、X-ZONE以外の2店舗は違う店に変わっています。

今回はCATZの代わりに出来ていたGOGO「ペペ クラブ」に入ってみました。


DSC02174.jpg
ウォーキングストリートを南の方に歩いて行くと左側に(写真左上)ギターの看板がある。そこがソイ15の入口付近です。

DSC02175.jpg
ウォーキングストリートを左に曲がってソイ15に入ると

DSC02176.jpg
このように3つのGOGOの看板が見えてくる

DSC02177.jpg
X-ZONE、ペペ・クラブ、クラブ・リラックスの3店

※ 以前は下の写真のようにペペクラブではなくCATZの看板があった。PB030361[1]

ペペクラブに入店してみると、店の中は前のCATZと何も変わってはいなかった。
前と同じで狭い店の真ん中に縦長の平凡なステージがあるだけだ。

ただダンサーの数が倍位に増えていて、なんとコヨーティも数名いた。その内の一人は結構タイプだった。
ウォーキングストリートのこんな外れにある小さな店にまで、コヨーティが進出しているとは・・・

私が店に入った時は客は誰もいなかったんですが、後から一人、二人と入って来て私を含めて客は6~7人位になっていた。


DSC02180.jpg
上にある看板の所を右に行くと左側にペペ・クラブ、右側にクラブ・リラックス、右上にX-ZONEがあります。

DSC02179.jpg
GOGO ペペ・クラブ入口

DSC02178.jpg
向側にはクラブ・リラックスの入口、ペペ・クラブに行った後に覗いたが客はゼロで娘も2~3人しかいなかった。

ジントニックを飲みながらコヨーティのダンスを暫くみていると、一人のダンサーが小走りに走って来て私の横2メートル位の所に座った。
ダンサーは更に少しずつ近づいて来て私の横に座った、名前を聞かれたので答えると向こうも名乗り密着してきた。
ウェイトレスが娘にドリンクを飲ませても良いか?と聞いてきたのでOKを出した。

娘はテキーラをオーダーし更に私に密着してくる、中々エロい娘だ(笑)
年齢は24歳で性格も良さそうだ、ダンスタイムに入ったので終わったらまた私の所に戻って来ると言い、娘はステージに上がった。

ダンスタイムが終わり再び私の元へ戻って来た娘、またウェイトレスが娘にドリンクを飲ませても良いかと言ってきたのでOKを出すと、娘はワイをしてまたテキーラをオーダーした。

娘は相変わらず私に密着をして来てDK攻撃が更に過熱してきてペイバーを迫られる。
特に強引な感じも受けず性格も容姿も悪くないのでペイバーしようかと思ったが、まだ時間も早く行きたい店がいくつかあり昨日のファーレンハイトのコヨーティに会いに行きたかったので、娘が再びダンスタイムの時に手を振って店を出た。

向側のGOGO、クラブ・リラックスを覗いてみたが、客は0で娘も2、3人しか居なかったので即退散。
2階のX-ZONEには行く気すら失せて、再びウォーキングストリートの中心地に向かった・・・


↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-23(Wed)
 

ビーチ クラブのSOMは帰郷中

1月上旬のパタヤ滞在中、もっとも好きなウォーキングストリートのGOGO「ビーチクラブ」にも当然行きました。
ここも時期的なものなのか、それとも他店に娘を引き抜かれたのかはわかりませんが、いつもより娘は少な目でめぼしい娘もいませんでした。

ビーチクラブと言えば本ブログの過去の記事でご紹介したSOMのいる店ですが、帰郷中との事で居ませんでした。(ビーチクラブのSOM参照・カテゴリはタイ娘)


DSC02132.jpg
ビーチクラブ SOMは帰郷中で居なかった

私が店内に入ると、以前ペイバーした事が有る娘(SOMより前にペイバーした)が寄って来たのでドリンクを奢ってあげた。
娘は私の顔を見るなり「SOMはイサーンの田舎に帰ってて今はいない」と聞いてもいないのに言ってきた。
私はSOMの事はもうどうでもよいのに、ビーチクラブで私の事を知っている娘達の間では私=SOMになっているらしい。
私はSOMはもう店を辞めて居ないのかなと思ってたんですが、まだ在籍していたみたいです(笑)

その娘の友達も寄って来たのでしょうがないからその娘にもドリンクを奢ってやり3人で飲んだ。
店内の娘もいつもより少なく、可愛い子も居なかったので30分程で店を出た。


ビーチクラブ前のソイの動画を撮ったのでアップしときます。

DSC02131.jpg
動画はファミリーマートの手前からビーチクラブの前を通り、前記事のカオマンガイの店までです。
[広告] VPS

↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-22(Tue)
 

超うま! ビーチクラブ隣の店のカオマンガイ!!

私がパタヤに行くと必ず食べるのがGOGO・ビーチクラブ横の店のカオマンガイ
パタヤ滞在時はほぼ毎日のように食べていて、3日連続で晩飯はここのカオマンガイだった事もあります(笑)


DSC01914.jpg
この店のカオマンガイが激うま! 他の料理も旨いです!!

DSC01916.jpg
このカオマンガイがメチャクチャうまい!!(50バーツ)

DSC01917.jpg
写真右上の皿の中の左側の黒っぽいタレをかけると更に美味しいです、やや辛くて味噌っぽい味で絶品です! 左側のスープも凄く美味しいです!

私も色々な店でカオマンガイを食べましたがこの店のは別格ですね、ライスだけを食べてもダシが効いてるというか旨いんですよね。
私は何も漬けないで半分食べて、タレを漬けて残りの半分を食べて2度美味しくいただいてますw

ただ一つ残念なのは10バーツ値上がりして50バーツになっていました。
以前は40バーツだったんですが・・・ 

その代わりと言ってはなんですが、量が若干増えていました。(多分) 
皿も以前より大きい物に変わっていました。


DSC02202.jpg
店内

DSC02201.jpg
野外で食べる事もできる

DSC01915.jpg
このオバサンともう一人、兄ちゃんがカオマンガイを作っている

DSC01918.jpg
ビーチクラブ(左側)のすぐ隣に位置している。
右側に写っているのがカオマンガイを作っている兄ちゃん、多分オバサンの息子。


↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-21(Mon)
 

独自の道を行くスクンビット・ソイ7/1 (動画)

日々独自の変化をして行く「スクンビット・ソイ7/1」の夜7~8時頃の動画です。
あまり他のブログでは取り上げられないので、皆様に雰囲気だけでも感じていただければと思います。 (結構楽しい所ですよ!自分はですがw)


動画は私の常宿「Maxim′s inn ホテル」ロビー内から出る所から、一番スクンビット通りに近い所にあるマッサージ屋までの範囲です。

DSC01875.jpg
「Maxim′s inn ホテル」出口前から~

DSC01877.jpg
~写真左側の女性が座っているマッサージ屋までの範囲です

それでは動画をご覧ください

[広告] VPS


※ 動画の範囲にある風景 (動画の範囲内にある所の写真です)

DSC01874.jpg
右側が「Maxim′s inn ホテル」 左側が隣のプールバー

DSC01873.jpg
上の写真のプールバー、本格的な食事も出来る。左側の女達はマッサージ嬢でSPの誘いあり、2階に部屋がある。ちなみに右側の嬢は先日私が対戦した嬢で総額1500B(笑)

DSC01871.jpg
向側はまた改装工事をしていた、まさか4店舗目の「Dr Bj's SALON」が出来るのか?

DSC01449.jpg
スクンビット・ソイ7/1で驚異的に勢力を伸ばしている「Dr Bj's SALON」

DSC01876.jpg
お馴染み変態プレイ、複数プレイなんでもありの「エデン・クラブ」

DSC01866.jpg
エデンクラブの隣のマッサージ屋、唯一ここだけ行った事がないです。

DSC01869.jpg
ここも昨年8月に来た時は改装中だった所、新しくバーが出来ていた。

DSC02276.jpg
このクラブは動画終了後の先(スクンビット通りの方)にあります。いつもファランで賑わってます、ステージで歌う事も出来ます(洋楽・英語) 

DSC02275.jpg
スクンビット通りから入って少しして右側にクラブはあります。私も店内で飲んだ事があります、東洋人は私一人しか居ませんでした(笑)

↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-20(Sun)
 

スクンビット・ソイ7/1のマッサージ嬢 ノイ(スペシャル有り)

今回の年始の訪タイと昨年8月の訪タイでお世話になった、スクンビット・ソイ7/1のマッサージ店の「ノイ」です。

DSC01864.jpg
ノイ

DSC01865.jpg
スクンビット・ソイ7/1のこのマッサージ屋にノイは居ます

ここのマッサージ屋は一見普通のマッサージ店に見えますが、場所が場所だけにマッサージの最中に必ずお誘いを受けます。
場所はスクンビット通りからスクンビット・ソイ7/1に入って右手の1件目のマッサージ屋。
店の2階に個室の部屋があり(1泊1000バーツで泊まる事も出来る)そこでマッサージ&×××をします。

この界隈には数件のマッサージ屋があり1軒だけまだ未確認ですが、その未確認の1軒の店以外は全ての店でスペシャルがありました。(もちろん別料金です)

ノイとは昨年の8月に2回対戦、今年の1月に1回対戦(不発)しました。
オイルマッサージ代込みで2000バーツあげてます。


DSC01863.jpg
ノイは年齢が44歳か45歳だとか言ってました。この年齢でこのボディ、いやらしいですねw
たまには熟女も良いですよ!


↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-19(Sat)
 

「Dr Bj's SALON」の娘は店舗ごとに衣装が違う

前記事でスクンビット・ソイ7/1の「Dr Bj's SALON」を取り上げましたが、昨日年始の訪タイで撮った写真を眺めていたらDr Bj's SALONは店舗ごとに衣装が違う事に昨日気づきました。(笑)

店舗ごとにユニフォームがあるみたいで、3店舗は全部娘達が着ている服が違います。
バンコク滞在中は意識してなかったのか全く気づきませんでしたww


DSC01451.jpg
こちらは前からあった店舗で娘達が着ているのは赤のワンピース

DSC01452.jpg
こちらが新しく出来た2つの店舗で手前の店舗の娘達はピンク系のスケスケの服を着ている。奥の店舗の娘達は黒のワンピースを着ています。

皆さんはどの衣装の娘達に診察されたいですか? 私は勿論ピンクのスケスケですw

ちなみに娘達の容姿レベルはそれ程高くはないですが、私的には2、3人程許容範囲の娘がいました。
娘達の年齢は20代半ば~30代半ば位が多いですが、20代前半らしき娘もいました。

まぁ~この店はプレイ内容が売りだと思うんですけどね!(まだ1回も行ってないけどw)

それにしても「エデンクラブ」といい、スクンビット・ソイ7/1は独特の変化を遂げていますねw


↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-19(Sat)
 

スクンビット・ソイ7/1の「Dr Bj's SALON」が3店舗に増えてた(笑)

スクンビット・ソイ7/1にあるフ○ラチオ・バー(オーロラルS○Xバー)Dr Bj's SALONが、2店舗増えて全部で3店舗になっていました。

以前から在った1店舗の向かい側に一挙に2店舗が並び、スクンビット・ソイ7/1の一番奥にある私の常宿「Maxim′s inn ホテル」の手前はDr Bj's SALONの看板だらけです(笑)


DSC01770.jpg
写真右側が以前から在った1店舗目、向かいの写真左側に新しい店舗が2つ増えた。奥がスクンビット・ソイ7/1の突き当りです。

DSC01772.jpg
こちらが以前から在った1店舗目

DSC01771.jpg
こちらが1店舗目の向かい側に出来た2つの店舗。2店舗目と3店舗目は隣同士です。

前回の8月にバンコクに来た時は改装中だった所で「何が出来るのかな?」と楽しみにしていたんですが、まさかDr Bj's SALONが一挙に2店舗も出来るとは。
そんなに儲かっているのかな?と思ったんですが客はあまり入っている様には見えなかったです。

私は興味があるので今回Dr Bj's SALONに入ってみようと思っていたのですが、結局同じスクンビット・ソイ7/1にあるいつものエロ系ありのマッサージ屋に2回と「Maxim′s inn ホテル」横のビアバーに併設されている同じくエロ系ありのマッサージ屋に1回の計3回もお世話になったので行かなかったです。


外から店内が少し見えたのですが、なんか診察台みたいなものが見えたので診察プレイとかありそうです。(笑)

次回は是非、行ってみたいと思いますw


DSC01872.jpg
一体どんな世界が待っているのか?興味がそそられますw
(こちらは新しく出来ていた2店舗)


DSC01870.jpg
スクンビット・ソイ7/1の奥は「Dr Bj's SALON」の看板だらけ、占領されてます(笑)

DSC01847.jpg
「Dr Bj's SALON」の看板を数えたら10個以上もありましたw

↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-18(Fri)
 

nakaさんの、ソイカのコヨーティ店、料金情報、ぼったくり情報。

ソイカのコヨーティ王nakaさんより「ソイカのコヨーティ店、料金情報、ぼったくり情報。」をいただきました。

原文のままブログにアップさせていただきます。是非ご参考にしていただければと思います。

DSC01795.jpg
1月上旬 ソイ・カウボーイ


ソイカのスパイスガール系コヨーティ店について、料金情報やぼったくり防止方法について書きます。

ここではまず、「教えて、コヨーティ」のコーナー宛てにメールを頂いた

読者の方の例に挙げて見ます。(了解取りました。)

この方をここではBさんとさせていただきます。


Bさんは昨年タイに来られた際、男性3人でデジャブに入ったそうです。
するとどこからかコヨーティ4人がワラワラと寄ってきました。

そしてなぜかママさん2人も一緒の席に座ってきました。
Bさんが店に居た時間は40分程度でした。


男性3人はビールを各人1本か2本飲み、

コヨーティだちも決してバカ飲みしていた印象は無かったのに、
そのときの会計が7000Bだったそうです。

Bさんがコヨーティ店と呼ばれる店に行ったのはそれが初めての事でしたし、
お金のことでごちゃごちゃと時間を使ってしまうのも楽しくないなと思い、
そのときは一応請求された通りに支払ったそうです。


上記のケースを検証してみましょう。

スパイスガール系の店は、瓶ビール190バーツ、コヨーティドリンク220バーツです。

(コヨーティドリンクは、コーラかテキーラの2種類しかありません。どちらも220です。)

Bさんたち3人は、それぞれ2本づつビールを飲んだとします。

(190x2)x3=1140バーツ

そしてコヨーティたちもバカ飲みしていた印象は無かったと言うことですので

コヨーティ1人あたり3杯飲んだとします。

(220x3)x4=2640バーツ

ここまでの合計は3780バーツになります。

しかし会計は7000バーツだったので、3220バーツの不明金がでます。

おそらくBさんのケースでは、その3220バーツはママさん2人のドリンク代として

会計に計上されたものと思われます。

まあ実際に飲んだ数が正確にわからないのですが、だいたいそんな所だと思います。


まず最初に、絶対にママさんを座らせてはいけません。

どこも化け物のようなママさんばかりですので、彼女らはこんなチャンスがあれば

ここぞとばかりにボッタくって来ます。

そして彼女らは、日本人はあまり文句を言ってこないことも知っています。

それにママさんと言っても、コヨーティたちの雇用主は別ですので、ママさんに良くしても

何も良い事ありません。


次に、座らせる女の子の数ですが、出来れば少ないほうが良いですね。

でもたくさん呼べば楽しい事も良く分かります。

おそらくコヨーティだけ座らせているのなら、ほぼぼったくりは無いと思います。

ただ当然呼んだ女の子の数だけ公平に奢るのが基本ですから、請求は高額になりますけどねw

でもそれはぼったくりでは無いですよね。


そしてその時Bさんは、請求が高額だと感じたが、そのまま払いました。

これには賛否両論あるかと思いますが、私はそれで良いと思います。

ソイカで外国人が揉め事を起こしても勝ち目はありません。

血の気の多いファランはそんな時すぐに手が出るようですが、

結局タイ人数十人にボコボコにされて泣いて帰るのが落ちです。

私も実際に何度かそんな光景を目撃しています。(コヨーティたちもも脇からハイヒールでけりを入れていたww)


われわれ日本人は、静かに事実起ったことをインターネットなどで広くみんなに知らせましょう。

そうすれば彼女らも(ママさん)何時までも同じ事をしていられる訳がありません。

実際に昨年サハラのママさんたちは解雇されました。(ナナに居ますが・・・)

だいたい以上のようになります。

遊び方は人それぞれですが、料金システムは知っておいた方が良いと思います。


そういえば某ブロガーの k●ji さん(一部伏字にさせて頂きます)は、

1人で店に入り、ぼったくりされた訳でも無いのに7000バーツくらい使うそうです。

それもコヨーティをたくさん呼んでいるわけでも無いそうです。

いったいどれだけ飲ませてるんだよ!とも言いたくなりますが、

これもまた、正しいコヨーティ遊びの1つとは言えるかも知れませんwww


あ、書き忘れました。

例のB級コヨーティの店ですが、コヨーティドリンクは200バーツです。

客の飲み物は店によって違い、125から150バーツくらいでしょうか。

よってスパイス系よりは安く上がります。

ペイバー4000バーツ。(前にも書きましたがこれは女の子による)

1度に5杯奢れば、その子はその日踊る必要が無くなり、ずっとそばにいてくれる。
こんな感じでしょうか。

ではソイカに行ってきます。     naka (2013年1月17日)



※ 管理人の私から(KOJIPATAYA)
   
 私の場合はオキニのコヨーティがいて彼女の出勤の21時~閉店までずっと店に居たので7~8千バーツ位になりました。(私の場合は毎日、一週間連続ですw アホですよねww)
オキニに1時間ごとにテキーラ2杯位、オキニの友達のコヨーティにも同じ位、自分も2杯位、ママには1日1杯だけ。これで6時間で(私はオキニのコヨーティが来る前の20時位から飲んでいる分もある)大体7~8千バーツの計算になり、実際そうでした。

ちなみに私はどんなに酔っぱらっていても大体いくら位か計算をしていますので、ボッタクられた事はパタヤの某GOGO店で1度だけありましたがそれ以外は記憶にないです。

私見ですが、口で言う分には問題ないかと思いますので、もしボッタクられたら文句を言って主張した方が良いと思います。私はそれで何度かお金を返してもらった事があります。
黙っていたら相手はつけ上がって、また行った時に同じ事をされてしまいます。そういった情報は他店にも行きますし良いカモにされてしまいますからね。(GOGO嬢も同じですよねw)

何も言わず主張しないとずっとそのままで泣き寝入りをしないといけないですから。特に日本人はそう思われている所がありますからね。
どこかの国の人みたいに行き過ぎた主張はしなくてよいと思いますが、不当な事に対してははっきりとものを言うべきだと思います。
こちらから手を出して暴力さえ振るわなければ、相手からボコられる事はおそらくないかとは思います。(あくまで私の個人的意見ですが)


↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-18(Fri)
 

パタヤの仙人・ウォーキングストリートの星!☆☆☆

今回のパタヤで私はついにウォーキングストリートの星・パタヤ仙人のパフォーマンスを目にしてしまいました。本当にラッキーでした!!

DSC02183.jpg
このお方がウォーキングストリートの星! パタヤ仙人です!!

今回年始の訪パタヤ2日目、私はパタヤ・セカンドロードでこのお方を見かけました。
このお方を目にした瞬間私はだだならぬものを感じました、オーラが半端ないんですよ!マジで!!
ただ単に見た目のその風貌だけではなく、人を惹きつける何かが彼にはあるんです。
実際このお方がウォーキングストリートの路上で踊っている時、皆がまわりに集まり楽しく一緒に踊ったり、一緒に写真を撮ったりと自然に人々が集まり皆楽しい気分になるんです!

そしてこの日の夜ウォーキングストリートでこのお方のダンス・パフォーマンスを見た時に、私の中の潜在意識が「以前このお方を私はパタヤで見た事がある」という事に後で気づきました。
「そう!私は確かにこのお方を以前パタヤで見かけている!」このお方が何者なのか?
この日の夜ウォーキングストリートで片鱗を見る事が出来ました。


DSC02181.jpg
パタヤ仙人はウォーキングストリートのこの辺りに出没します

DSC02191.jpg
この2階でコヨーテ?が踊っている所のちょい南側のメインストリートにパタヤ仙人はおられます。出会えたらラッキーです!

DSC02185.jpg
このようにパタヤ仙人はみんなに大人気!彼の元に自然に人が集まって来ます!!
彼が踊れば皆が踊りだしノリノリ!!!


DSC02184.jpg
パタヤ仙人と写真を撮りたがる人達が続出、彼は本当にみんなの人気者。
ウォーキングストリートの星だ!!


DSC02188.jpg
見てくださいこの軽やかなステップ! 彼は女性にも大人気!!

DSC02187.jpg
彼と一緒に踊ればみなんが幸せになれる、私もノリノリでした(笑) 
まさにパタヤ! ウォーキングストリート!! ですね!!


もし彼が日本の路上で踊っていたらその風貌からホームレス、下手をすれば危ない人のように思われて皆避けるかもしれません。
ですがパタヤ・ウォーキングストリートでは彼を見てそんな事を思う人は誰一人いないです。
パタヤ・ウォーキングストリートの懐の深さ、ありのままの日常を見た気がしました。

彼はあまり裕福な感じではありませんでしたが、あの歳になってもパタヤで楽しく自分らしく日々を生きている彼を見て羨ましくて素晴らしいなぁ~って思いました。

みんな誰もが楽しく遊べる所、それがパタヤ・ウォーキングストリートですね!!

※ パタヤ仙人の踊る姿を動画に撮り忘れたのが心残りでした、皆さんにも見せてあげたかったです(>_<)


↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-17(Thu)
 

nakaさんの、ソイカ・コヨーティ基本情報!

ソイ・カウボーイのコヨーティ王nakaさんから、ソイカの店&コヨーティに関する詳細情報を頂きましたのでブログにアップさせていただきます。
少しでも皆様のお役にたてればと思います。
(現時点での情報ですので今後変わってくる場合がございます)



【ソイカウボーイ コヨーティ店に関する一般情報】

ソイカウボーイコヨーテ店のうち、いわゆる「スパイスガール系」以下6店です。

①スパイスガール  2008年8月以降、隣のカウボーイ1をぶち抜き改装、その後コヨーティが導入され始めた。

同年12月頃から、統一コスチュームが導入され始めた。


②キッス   スパイスガールのボスがブラックアンドホワイトを買収し改装

この頃から怒涛の買収攻勢が始まり、各店のオープンが何時だったかよく覚えていません。

たしか2009年の前半にはキスはあった様な気がします。


③リオ   同じく旧アワープレースを買収しコヨーテ店へ、大改装し店名をリオへ変更。


④ミッドナイト   同じく買収 旧店舗名はミッドナイトバーだったのであまり名前は変っていません。


⑤デジャブ   同上 2012年初めに3店ぶち抜き改装。グループ内では一番広い店となる。


⑥サハラ   ミッドナイトバーの前にあった小さな店を2件買収し、二つ繋げて新規オープン

確か2011年の前半だったと思う。


以上6店のコヨーティはほぼ同じルールにて縛られています。

出勤時間は20時30分 終了は深夜2時30分から3時

各店ごと統一コスチュームで踊ります。グループ店間での女の子の移動も良くあります。

※ コヨーテはペイバーできません。女の子により出来たり出来なかったりするのではなく、だれも出来ません。

ですから、彼女たちと店外で関係を持とうとするなら、店が終わった後か、後日という事になります。

しかしその辺規則が厳しく、店内で電話番号のやり取りなどは禁止されていて、ボスに見つかれば解雇されることもあります。

深夜店が終わった後コヨーティが客と会ってないか監視されていた事もありました。

私見ですが、そのあたり最近だいぶゆるくなってきたと思います。


2013年1月現在、一番レベルが高いと思われるのはスパイスガールです。

一番エロイのはデジャブでしょうね。某有名ブロガーも、デジャブでコヨーティのおっぱい揉んでます。

それと最近コヨーティの平均年齢が下がってきてます。現在は半数以上は高校生くらいの年齢です。

昨日サハラに行ったら子供ばかりで、「ここはどこの学校だよ?」と思ったくらいです。


※ 一方去年始めあたりから出てきたのですが、「B級コヨーテ店」というのがあります。(私が勝手に名づけた。)

カウボーイ2、ダンディー、ドールハウス、ティーラック、などです。

以前スパイスガール系から流れてきた子も居ますし、そうでない子も居ます。

以前スパイスガール系で踊っていた子も多数いるので、スパイスガール系と関係あるのかと思ってしまいますが、マネージメントは別物です。

これらの店の特徴は、4000バーツでコヨーテをペイバー出来るという事です。

その他5杯1度にドリンクを奢ると、その子はその日はもう踊る必要が無く、同じ客の所にずっと居ても良いそうです。

ルールもゆるく、携帯番号の交換なども問題ないですし、タバコ吸おうが飯食おうが良いようです。

しかし4000バーツでペイバー出来ると言っても、あくまで選択権は女の子にあります。

客が望んでも女の子が拒否すれば出来ません。

それにペイバーした後、ホテルに連れ込めるのかも女の子次第です。連れ込めた場合でもそこからは別料金です。

以上のように、「B級コヨーテ」店ではペイバーできるといっても、ほとんど意味がありません。

それに女の子も「スパイスガール系」に比べるとレベルがぐっと落ちます。

私見ですが、スパイスガール系から流れてきた子というのは、あまり客がついていなかった子が多いです。

スパイスガール系の厳しい縛りが嫌で流れてきた子も多いです。


最近の傾向ですが、いわゆるスパイスガール系店の客入りが悪いです。

インターネットなどでいろいろな評判が出回り、日本人ほとんどに知れてしまいましたから。

それで、「バカラは超満員で座る所も無い、でも前のリオには客が一人も居ない。」なんて事が起ってます。

一方B級コヨーティ店の方は、コヨーティ導入後、確実に客入りが良くなっています。

カウボーイ2なんて以前はいつも誰も居ませんでしたから。

4000バーツでペイバーしていく客も結構見かけます。


2013年 今年はどうなっていくのでしょうか。

スパイス系が没落し、B級コヨーティ店が勢力を拡大して行くのでしょうか。

それともスパイス系の逆襲があるのでしょうか。今の状態ではとても利益が出ているとは思えません。

何か変化があり次第ご報告させて頂きます。  naka(2013年1月16日 現在)


DSC02418.jpg
コヨーティの後姿がたまらない(^_-)

[広告] VPS

↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-17(Thu)
 

いつの間にか「マンダリン」がパタヤに出来てた!

バンコク・ナナプラザにある「マンダリン」がいつの間にかパタヤ・ウォーキングストリートに出来ていた。 ナナプラザに1号店、2号店とあるので3号店か?

DSC02121.jpg
ついにマンダリンもパタヤ進出

マンダリンはバンコクでは老舗だが、パタヤでは新参者で一応新しい店の部類に入るので、興味もあった私は早速と入店した。
店に入って幻滅(>_<)娘?と呼べる若い娘はわずかしかおらず、しかもルックスは皆残念。他の嬢は推定年齢30代半ば~40代半ばのオバサンだ。
嬢の人数もあまりおらず、客も自分以外は皆ファランで半分も入っていなかった。

店の造りも前にこの場所にあった店舗をそのまま活用したみたいで、縦長の平凡なステージがあるだけ。
これでは客は入ってこないだろうな・・・


DSC02118.jpg
折角よい場所にあるのに努力が足りないと思われるマンダリン

バンコク・ナナプラザのマンダリンの方が全然良いです、パタヤなんでファランが多いからまだやっていけるのか?パタヤのマンダリンは。
平気で40代の腹が出たオバサンが踊っているので・・・


おそらくパタヤのマンダリンはずっとこのままだろうな・・・

↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-16(Wed)
 

nakaさんの「コヨーティへの思い」

ソイカのコヨーティ王nakaさんから「コヨーティへの思い」と言う文章をいただきましたのでアップさせていただきます。それでは・・・・



ソイカウボーイのコヨーティについて。


前書き。


西暦2008年12月

私は某コヨーティ店の前で1人のコヨーティと出会いました。

すべてはそこから始まりました。


何か「運命のような物」を彼女に感じた、と思ってしまったのです。


そして2009年、私は文字通りすべてを捨てタイに移住してきました。

しかしバラ色に思えたタイ生活は、嘘、欺瞞、詐欺、策略、喧嘩、絶望・・・

「もうこれでやめよう。」何度も決断し、そのたびそれに失敗する・・

それが2年ほど続きました。心身ともに限界でした。


しかし2011年、パタヤでの大乱闘で私もついに力尽きました。

彼女(ら)との関係は、そこで終わる事となったのです。


その後しばらくソイカを離れる期間がありましたが、

2012年8月ごろより復帰し、11月ごろより完全復活しました。


大まかではありますが、以上が私の経歴であります。


kojiさんのブログでは、私について大げさに書かれていますが、

私はコヨーティで良い思いをさせてもらったことは1度もありません。

ただのさえないオヤジであります。


ではなぜそんな、ろくなことの無かったソイカに通い続けるのでしょう。


ソイカという場所は、世界のすべて、人生のすべてが凝縮されていると考えます。

世界の中心であり、かけがえの無い場所であります。


宝はいくら探しても見つからないかもしれません。

それでも私は探し続ける事でしょう。

いや、すでに宝は見つかっているのかもしれません。

愛すべきソイカのコヨーティ(のかわいい子だけw)すべてが宝なのかもしれません。


このソイカ通いが原因で、私は命を落とす事になるかもしれません。

それは過労かも知れないし、飲みすぎによる病気かもしれないし、

まだ某店に残る、彼女の亡霊に刺されたり撃たれたりするかもしれません。

(マジ、亡霊は誰でも見れます!)


それでも人生最後に網膜に焼きついた光景が、

kojiさんが店内撮影した写真のような物であるならば

私の人生にいったい何の悔いが残ると言うのでしょうか。


仏暦2556年1月

naka


DSC01363.jpg
踊るコヨーティ達

[広告] VPS
ソイカ某店前で撮った動画です

↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-16(Wed)
 

ロキシーにまた連れ込まれてしまった(笑) (^_^;)

久しぶりのパタヤ、ウォーキングストリートのGOGOを数件まわったあとルンルン♪♪気分で更に奥へ(南)と進む。いつの間にかロキシーの前まで来ていた。

するといきなり娘二人に腕を掴まれた、よく知った顔のホステス達だった。
「この娘達まだいたのか?」ロキシーで過去に何度もドリンクを奢っている娘で、最初に出会ったのが3年位前なのでもう古株だ。
片方の娘はチェンマイ出身で、出会った頃が22~23歳だったのでもう26歳位だろう、もう一人はその娘と仲の良い友達。

二人で私を店内に引きずり込もうとする娘達に抵抗しつつも、私は楽しみながらロキシーへと吸い込まれて行った(笑)


DSC02169.jpg
ロキシー 嫌々と抵抗しながらも嬉しそうに店に入る私ww

ロキシー店内に入ると客は2、3人でガラガラ、娘も少なく全盛期の1/3位しか居ない。
これまで集団でのあまりにものドリンク催促攻撃で客が離れたのかな?確かに私も初めロキシーに来ていた時は3千バーツ位は毎回使ってたなw 楽しかったからいいんだけどww

チェンマイ出身のホステスにはいつも「後で戻って来てペイバーするから」と言っているが、一度もペイバーした事はない(笑)
この娘は可愛げもあって性格も悪くはないのだが色気がないんだよなぁ~
長時間店にいてこの娘に10杯近く奢っている間に友達やらママやらが寄ってきてドリンクをせがむから、結局いつも最後は3千バーツ超えになっていたw デブのカマママもまだ健在だったww

この日は娘二人に2杯ずつとデブのカマママともう一人のママに1杯ずつ、あと自分が2~3杯飲んで会計は1000バーツ強だった。(被害を最小限に抑えたw)
日本人客の気を引こうとしているのか、コスプレの娘もいたが過去が過去なので客足の復帰は難しいかな・・・


DSC02171.jpg
日本語表記の立て看板も用意してあるが、今後のロキシーはどうなっていくのだろうか・・・

↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-15(Tue)
 

nakaさんの教えてコヨーテ! コーナーを設置いたしました!

自他共に認める、ソイ・カウボーイの「コヨーテ王」nakaさんが(日本企業のバンコク駐在員、一応社長)ソイカのコヨーテに関する質問になんでもお答えする「nakaさんの教えてコヨーテ!」コーナーを作りました。

※ なかなかタイに行けないからオキニのコヨーテに思いを伝えて来てほしい

※ オキニのコヨーテの様子を見て来てほしい

※ オキニのコヨーテは「男いないって」言ってたけど本当にいないのか探ってほしい

※ どの店のコヨーテがペイバー出来るのか?出来ないのか?

※ ソイカのコヨーテ、ペイバー出来るとしたらいくら?

※ 今はどこの店のコヨーテが一番かわいい子多い?

※ どの店のコヨーテが金にガメツイ、ボッタクる?

※ エロエロなコヨーテはどの店

などなど何でも構いませんのでお気軽にご質問ください!

本ブログの左側(左カラム)のカレンダーの下に「nakaさんの教えてコヨーテ!」と題した、nakaさん宛てのメールフォームを設置いたしました。 お気軽にご活用ください。

※ 追加でチャットを設置いたしました、お気軽に書き込みください!(メールフォームの下です)

本コーナーは営利目的は一切ありません、また金銭のやり取りもありません。
『nakaさんの趣味かな(笑)』


DSC01834.jpg
写真、真ん中の方がnakaさん。彼がソイカを歩けばまわりのコヨーテが「naka!naka!」と声をかけるか、無視するか(笑)どちらかです。

nakaさん曰く「コヨーテ」の発音はタイ人は「コヨーティ」又は「コーヨーティ」らしいのですが、ここでは皆さんに馴染んだ「コヨーテ」とさせていただきます。

nakaさんはバンコク在住歴3年の駐在員、その前はタイの隣国で工場長(社長)だったんですがバンコク・ソイカのコヨーテにハマり毎週のように飛行機でバンコクまで会いに来ておりました。
ですがより頻繁にそのコヨーテに会いたいが為に、会社にタイに工場を造らせてまでバンコクに移住した程のコヨーテ好き。普通そこまでするか(笑)
痛い経験も含めかなりのキャパがおありになるので、コヨーテ好きの方に何かとお役にたてるかと思います。
現在彼は週に5~6日はソイカに出没しておりますw


DSC01783.jpg
2013年1月上旬 ソイ・カウボーイ

DSC01215.jpg
コヨーテが眩しい!

DSC01362.jpg
店内撮影して見つかったんですが、100バーツで見逃してくれました(笑) 

↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-14(Mon)
 

ファーレンハイトに後ろ髪を引かれて・・・

今回年始の訪パタヤは2日間、それも約1年ぶりという事でやや消化不良でした。
そんな今回のパタヤで一番名残惜しかったのは「ファーレンハイト」のコヨーティに2日目会いに行けなかった事です。


DSC02130.jpg
ウォーキングストリートの新店GOGO「ファーレンハイト」 私の中では新店です(笑)

パタヤの初日の夜、常宿ダイヤモンド・ビーチホテルを出ていつもの様にスーパーベイビー&ガールを視察した後、この一年間で出来た新しいGOGOを片っ端からまわろうとハイペースでまわっていた。
新しく出来たGOGOの中にはあまり良さそうな娘がおらず、店内を覗いてドリンクを頼まずすぐに出た店もあった。
数店舗まわった後でハイペースな私の足を止めたのがファーレンハイトのコヨーティだった。

他の方のブログを拝見していてパタヤのGOGOにもコヨーティが増えてきいる事は知っていたんですが、このファーレンハイトにもコヨーティが2人程居ました。
その内の一人が中山美穂似のソバージュヘアーのムチムチボディ、私の目は既にその娘に釘付けだった。
娘も私の視線に気づきチラチラこちらを見ている、トイレに行く途中でやや近くで見るとやっぱり可愛い。色っぽいのだがいやらしさはあまり無い。

娘達が踊り場所をチェンジしてコヨーティが私の席の方を向いて踊りだす、何度も視線が合い娘が笑顔でそっち行っていいかと指を差すのでOKを出し座らせる。
私が「コヨーティ?」と聞くと頷く彼女、大人っぽい感じだが年齢は19歳で近くで見るとやはりそれ位の年齢だ。
もう一人のコヨーティは彼女の姉らしく22歳だか23歳と言っていた。確かに似ている。

バンコクのコヨーティはペイバー出来ないか、ペイバー出来てもバカ高いのでこの店はどうなのか彼女に聞いてみるとペイバーOK!
いくらか聞いたら彼女は知らなくて、彼女がウェイトレスに聞いてら1000バーツ。
ショートとロングを聞くとこれも彼女は知らなくて、またウェイトレスに聞いてショート2000バーツ、ロング3000バーツだと言う。
「マジかよ、GOGO嬢とほぼ変わんないじゃん」と思った私は一瞬ペイバーしようと思ったがまだ時間も早く、これからまだ行きたい店もあったので後で戻って来るよと言い残して店を出た。


DSC02128.jpg
ファーレンハイトはGOGOアルカトラズの隣です

結局この日は前半トバシすぎて移動の疲れもあってか、ファーレンハイトには戻らずホテルに帰って寝てしまった(笑)

次の日の2日目、LKメトロ、ソイ6、昨日行けなかったウォーキングストリートのGOGOがまだ沢山あったのでそれらをまわった後にファーレンハイトのあのコヨーティに会いに行こうと思っていた。

順調に目的をこなして深夜1時頃、腹が減ったのでビーチクラブ横の店で「カオマンガイ」ではなく(笑)うどんみたいな物を食べた。凄く美味しかった。
この後ファーレンハイトに行こうと思ったが、眠くなったのでホテルに戻って少し休もうとベットに横になった。(これがまずかった)
15分位少し休むつもりがそのまま寝てしまい、目覚めると朝の6時頃。「ガーン」(゚ロ゚;)エェッ!?
既に店はとっくに終わっている時間であり、この日パタヤを離れる私はあの娘に再開出来ずにバンコクへと向かうのであった。

バンコクへ向かう帰りのタクシーの中でパタヤに引き返そうかとマジで思ったんですが、既にバンコクでホテルを予約していてソイカのコヨーティにも会いに行かないといけなかったので断念。
しかし、あんなに可愛いくて、若くて、スタイル良くて、性格良さそうな娘をなんで誰も呼ばなかったのだろう。
自分のペイバー料金やチップの値段も知らなかった事から、まだスレていないのは間違いない。接した私が肌で感じたのだから。

それにしても名残り惜しいです、やはりパタヤ2日間は短かったかな。
きっと次パタヤに行ってももう居ないんだろうな・・・


↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-14(Mon)
 

どうしたんだ? スーパー・ベイビー

年始の訪タイで2日間パタヤに滞在いたしました。(やや消化不良w)
昨年の夏はパタヤに行かなかったので実に1年ぶりのパタヤでした。(こんなに間が空いたのはじめて(T_T))

1年ぶりにパタヤに来て思った事は「やっぱりパタヤが好き!」特にウォーキングストリートのGOGOをまわっている時が一番楽しい! あの空間が大好きなのだ!!

前置きが長くなりましたが、この1年の間にウォーキングストリートには新しいGOGOがいくつか出来ていました。
でもやっぱりパタヤに来て一番最初に入ったGOGOは「スーパー・ベイビー」でした。(泊まっているホテルのすぐ目の前って事もありますけどねw)


DSC01931.jpg
スーパー・ベイビー

1月7日午後9時頃スーパー・ベイビーに入店、女の子の数が少ない。ステージ上のダンサーも全盛期の半分位しか居ない。
「あれ?まだ娘達は全員出勤していないのかな?」と思っていたらスーパー・ベイビーでも一番古株のおばさんウェイトレスが寄って来た。
この人は私が初めてパタヤに来た時から居るので、最低でも9年はスーパー・ベイビーで働いている。ちなみ当時から居るのはBOSSとこのウェイトレスだけじゃないかなぁ~。

おばさんウェイトレスが年末年始は「日本人客ばっかりだった」と言っていた。
相変わらずスーパー・ベイビーは日本人には大人気のようだ、店内では日本語の音楽がかかっていた。

しかし日本人客が多かったと言う割には娘は少ないし、特別可愛い子も居ない。ウェイトレスに「まだ娘達は全員出勤してないの?」と聞くがこれで全員らしい。
「可愛い娘は日本人に長期ペイバーされたのかな?」とも思ったが今日は1月7日、殆んどの人達は年末年始の休暇を終え帰国しているはず、だとしたらこれが今のSBベストメンバーなのか?
確かに娘達の年齢は相変わらず若いが、これでは・・・ スーパー・ベイビーも落ちたなぁ~


DSC01929.jpg
店前の在籍ダンサーの写真、目の前の車が邪魔で全体の写真が撮れず(>_<)

おばさんウェイトレスが「ハッピーニュイヤーだからコーラを奢ってくれと」言ってきた。
昔はたまに奢ってやっていたが最近は全く奢っていなかったので一杯奢ってやったら、もの凄く嬉しそうだったw
スーパー・ベイビーはハッピーアワーは無いがビ-ル、ジントニック、レディースドリンクが120バーツなので他店より割安だ。

以前、おばさんウェイトレスは店に入ると「スーパー・ベイビー、パタヤNO1!」と嬉しそうに私に言っていたのだが、近年その言葉を聞いた事はない。
かつてバンコクNO1のGOGOだったレインボー2よりも若くて可愛い娘が多かったスーパー・ベイビーだが、今では見る影も無い。

あの頃のSBはどうしたんだろうか・・・


DSC02069.jpg
ソイ・ダイヤモンドは相変わらず人出が多いのだがスーパー・ベイビー店内は・・・

↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-13(Sun)
 

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます&先日帰国いたしました!

皆様、大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます

約2週間、記事の未更新が続きまして、ブログをご覧いただいている皆様には大変ご迷惑をおかけしました。
タイ&ラオスの旅を終え、先日無事帰国いたしました。
(結局、旅先では一度も更新出来ず・・・ ^_^;)

今回は移動が多くて疲れましたが、良い旅&良い夜遊びが出来ました。

成田 → バンコク → ノンカイ → ビエンチャン(ラオス) → ウドンタニ → コンケーン → バンコク → パタヤ → バンコク → 成田

(かなり移動いたしました(^_^;) 経由地含む)


またラオスのビエンチャンでは面白くて貴重な体験をされている日本人の方との出会いもあり、かなり充実も出来ました。(面白いネタもゲットしましたw)

頑張ってブログを更新いたしますので、今年もどうか宜しくお願いいたします。


DSC01397.jpg
1月2日 成田空港

↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-12(Sat)
 
プロフィール

kojipataya

Author:kojipataya
タイ・特にパタヤとサムイ島が
大好きです!

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
管理人へのお問い合せはこちら!
ブログ主kojipatayaへ意見など  直接連絡を取りたい場合はこちら  までお気軽に!!

名前:
メール:
件名:
本文:

タイのナイト情報がいっぱい
清き一票とコメントをお願いします!
日本の時間

バンコク:現地時間
タイ料理を食べよう!
1日1タイ語を覚えよう!
天気予報
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
A GO GO
パタヤ
現在の閲覧者数:
毎日ひと押しお願いします↓(>_<)
パタヤのホテルはここで!!
バンコクのホテルはここ!!
今一番お得なのはここ!クリック!!
タイ旅行・格安航空券ならHIS!
JALマイルでタイに行きました!
タイ旅行のホテル選びはココ!
安く訪タイ!!
タイツアーなら!
タイの事ならお任せ!
明日にでもタイに行きたい!
ホテル直前の予約がお得!