スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ラチャダー通りのマッサージパーラー

ラチャダーピセーク通りには多くのマッサージパーラー(MP)があります。恐らく女の子のレベルは「タイランド・NO1」、ゴーゴーバー・レインボー2やスーパーベイビーの可愛い子達にも負けてはいない。
私もかつては色々な店に足を運び対戦してきた。特に「ナタリー」には大分お世話になりました。


P4170186.jpg
ナタリー

ナタリーは日本人好みの若くて可愛い子が多いので日本人男性に非常に人気があります。またタイ人にも人気がありタイ人客も年々増えてきてます。
女の子はガラス張りの金魚鉢と客席横&後ろのサイドラインに分かれて客の指名を待ちます。サイドラインの女の子の方が可愛い子が多く値段も高い。
ただ、1日でより多くの客を取る為にわざと安い金魚鉢方で客待ちする女の子もいます。
料金は金魚鉢の女の子で2時間・2000~2400バーツ、サイドラインで2300~2900バーツ位だったと思います。
(この3年程私はMPに行ってないので最新の料金は少し変わってるかもです)
マットプレイの出来る子と出来ない子がいますのでその辺りはコンシア(案内人)に聞くと教えてくれます。


PB090541.jpg
地下鉄・ホイクワーン駅から歩いて行けます

P4170187.jpg
マッサージパーラー「シーザー」 こちらはキレイ系の娘が多い、ナタリーから道を挟んで向かい側です。

ラチャダー通りにはナタリーと双璧を成す日本人に大人気のもう一つのマッサージパーラがあります。それが「ポセイドン」です。
「ポセイドン」はナタリーからもう少し北に行った所にあり、値段はナタリーよりやや高め。ですが設備はこちらの方が良いです。
ポセイドンには2階と3階があり、2階の娘が2000~2600バーツ、3階の娘が2900~3600バーツ。
3階はモデルクラスの娘が私服で待機し確かに2階の娘よりは全体的なレベルは上ですが、たまに「えーっ?」って娘もいます。


P6200004.jpg
ポセイドン正面 貫禄すら感じる

PB090544.jpg
ポセイドンのビル ビル全体がマッサージパーラの施設

その他ラチャダー通りにはマッサージパーラがいっぱいあります。

P4170183.jpg
通り昼間

PB090545.jpg
夜になるとネオンがピカピカ!

P4170184.jpg
「ハイクラス」「エマニュエル」などのMPが並ぶ

P4170185.jpg
ナタリー前、暇そうに座っているオッサンが案内人のコンシア。多少の日本語を話すコンシアもいます、チップくれとかウザイ奴もいます。

スポンサーサイト
2012-02-26(Sun)
 

ダイヤモンドビーチホテル 3

この数年間ダイヤモンドビーチホテルを常宿としている私ですが、理由は他のホテルを探すのが面倒くさい。
勿論パタヤで他のホテルも泊まった事はありますが慣れてくると自分の性格上わざわざ他のホテルを探すのが面倒くさくて・・・
他の理由は夜遊びに便利、ウォーキングストリートのほぼ真ん中に位置しゴーゴーバーなどに行くのに近くて移動が楽。
ダイヤモンドビーチホテルの半径50メートル以内で宿、食事、飲み、夜遊び、MP、タイマッサージ(正当・エロ系)、海、他全てが満たされしまうという類いまれなる環境。宿泊料も手頃なのもいいですね。JFも無し!

前の記事で「デラックスルーム」の紹介をしましたが、実はこのホテルには「スモールルーム」も存在します。
これもある年末年始に部屋が空いていないと言われデラックスルームもいっぱい、だが「小さい部屋がある」と言われなんと1泊500バーツ!
場所はスーパーガールの上3Fでスタンダードルームよりやや狭いが許容範囲。ただGOGOの真上なのでやはり音がうるさかったですね。
その時は一応スタンダードルームが空くまでの2日間だけ小部屋に泊まりましたが、耐えきれない程はうるさくないのでGOGOの開店時間、夜8時~朝3時位まで外で遊んで昼間寝てる方には特に問題はないと思います。(笑)

あの場所で1泊500バーツは安いですからね。(すいません、写真は無いです)

DSC00772 (2)
青いラインの下が1泊500バーツの小部屋(3F) 下にGOGOシャーク(2F) スーパーガール(1F) 

このホテルでもう一つ発見があります、それは屋上の存在。しかもかなり見晴らしがいいです。

PA290119.jpg
ダイヤモンドビーチホテルの屋上(9F) パタヤが一望出来る

PA300141.jpg
屋上正面の景色

PA300139.jpg
屋上左側の景色

PA300140.jpg
屋上右側の景色


PA290118.jpg
これ右端 木が生えてる
2012-02-25(Sat)
 

ダイヤモンドビーチホテル 2

私にとって既に常宿と化している「ダイヤモンドビーチホテル」長く何度も利用していると新しい発見がある。
まずは「デラックスルーム」の存在だ。
私はこのホテルには850バーツの部屋しか無いのだと思っていたが、とある年末年始にパタヤに来た時にいつも通り予約もなしに「部屋はありますか?」と尋ねると
「無いです、ですがビッグルームならある」といつものフロントのおっちゃんに言われ、「えっ!そんな部屋有ったの?」と初めて「デラックスルーム」の存在を知りました。


DSC00771.jpg
これがダイヤモンドビーチホテル「デラックスルーム」内、広さはスタンダードルームの3倍位有りました。

DSC00770.jpg
広くて海も見渡せて居心地良かったです。左側に別部屋でベットルームが有ります。
ウォーキングストリート内のホテルでビーチ側付近でこれだけ見晴らしの良い所余り無いんじゃないでしょうか?
宿環境も充実したい夜遊び派には最適な部屋かも。


DSC00767.jpg
海側の窓近くにも椅子とテーブルがあります、ここでモーニングコーヒー?

DSC00769.jpg
ここで海を眺めながらビールを飲む、最高ですね!

ちなみに料金は1泊、1200~1500バーツだったと思います。記憶が定かでないのでアバウトで申し訳ないです。
またホテル内の場所もスタンダードルームとは違い、フロントに向かって左側のエレベータに乗って部屋に行きます。


※「ダイヤモンドビーチホテル」もう少し長くなりそうなので、やっぱ3回に分けます(笑)



2012-02-25(Sat)
 

ダイヤモンドビーチホテル

私がいつも泊まっているホテルが「ダイヤモンドビーチホテル」です。ここ数年はパタヤではこのホテル以外泊まった事はありません。(笑)
しかも一度も予約をして行った事がないです。いつもパタヤに着いたら夜中だろうがダイヤモンドビーチホテルに直行し「部屋は空いてますか?」で現地飛び込みで泊まります。
大抵飛び込みでも部屋は空いてますが、年末年始は空いてない事が多いですから泊まる場合は予約して行った方が無難。(私は年末年始も予約なしで行きますが


PA300146.jpg
ダイヤモンドビーチホテル

PA300145.jpg
ホテル入口 玄関正面

場所はウォーキングストリート、ソイ・ダイヤモンドの真ん中に位置し、夜遊び派には最高のロケーションです。(バンコクで言えばナナホテルみたいな存在)
目の前にスーパーベイビー&ガールが有り、店のウエイトレスに聞いたのだがダイヤモンドビーチホテルに泊まりスーパーベイビーで1日に違う娘と3~4人と対戦した強者も居たみたいだ。
(1日に、ダイヤモンドビーチホテル⇔スーパーベイビー4往復


料金はスタンダードルームで1泊850バーツ(BF・朝食なしにすると800バーツ)、ハイシーズンは1泊900バーツ(BFなしは850バーツ)です。
私はいつも昼位に起きるのでブレックファースト(朝食)なしにしてます。(笑)


PA290113.jpg
スタンダードルーム室内

PA290115.jpg
同じく室内

PA290112.jpg
ベット

P4140122.jpg
同じくベット(別室)


PA290116.jpg
シャワー室 一応バスタブがある

PA290117.jpg
部屋をでて目の前、右手にエレベーターがある。真下1Fには小さいがプールもある。

PA300144.jpg
ダイヤモンドビーチホテル入口、同建物横にはマッサージパーラVIPがある。
一度試しに入って見たのだが、30代位の女性が10人位いてとても選べるような嬢はいなかったのでコーラ1杯飲んで10分程度で退店しました。



「ダイヤモンドビーチホテル」長くなりそうなので2回に分けます。

2012-02-23(Thu)
 

初めてのソイ6

私がソイ6で遊んだのは、初めてパタヤに行ってから1年後位です。それまではほぼGOGOオンリーでウォーキングストリートに入り浸ってました(笑)
ソイ6の存在はGダイヤリーでパタヤに来る前から知っていましたが、ソイ6を何度か往復して娘の見物をするだけで店には入った事は無かった。
ポツンポツンと好みの子は居るが、ウォーキングストリートのスーパーベイビーなどと比べるとどうしても見劣りしてしまう。
当時日本人含む東洋人があまりソイ6に居なくて、ファラン天国だったのも店に入りずらかった要因だと思う。


PC310077.jpg
当時のソイ6はファラン天国(今でもそんな感じだが)

とある日、私は初のソイ6遊びにチャレンジしてみた。それがこの店。↓

PA310232.jpg
店の裏側(反対側がソイ6)

私が初めてソイ6で入った店はセカンドロードから入って左側の一件目、つまりセカンドロード側の一番端の店です。
当時この店が一番可愛いい子が居たような気がする、歩いていると店前で娘と目が合い「おいでおいで」されたのでつい入ってしまった(笑)

ソイ6の良い所はまず値段が安い所。当時は全店が娘のチップ500バーツ、ペイバー200バーツで統一されてたように思う。
(今は平気で1000バーツっていわれる(苦笑)多分ファランは今でも500バーツで遊んでると思われる)
そしてもう一つ良い所は、流れを壊さずにそのままの雰囲気で直ぐに上に行けるということである。店内は暗く、妖しい雰囲気の中、娘といちゃつきながらそのまま一戦へ。
しかも店内に客は大抵居なかったり、居ても一人とか二人の時がほとんどなので回りの目を気にする事無く店内でいやらしい事をされたり、したり・・・(笑)

これがゴーゴーバーだと店内はフラッシュライトで明るかったり、人も多いのでGOGOでは一戦を超えた出来ない事も、ソイ6ではペイバーする前の店内で出来てしまったりする。
そのまま嬢にハマって上へGO! これがクセになったりもする。


PA310230.jpg
ヤ●部屋内 下着が・・・

PA310228.jpg
ベット

PA310231.jpg
奥がトイレ&シャワー室

でも、なんだかんだ言ってもソイ6は安く楽しく遊べる所だし、たまに驚ろく程可愛い子もいるのでこれからも注視して行きたいです。

PC310078.jpg
ソイ6の夜はいつも賑やか

PA310227.jpg
昼のソイ6

2012-02-23(Thu)
 

CIAO (閉店)

「CIAO」 私が以前によく通ってたピザ・パスタのイタリアレストランです。残念ながら2~3年位前に閉店してしまいました。

PB020299.jpg
店はウォーキングストリートを少し入った所にあった

PB020300.jpg
イタリアレストラン「CIAO」 閉店がとても残念

PB010281.jpg
店前 入口

PB010278.jpg
店内はこんな感じ

店内に入り席に着くと必ずオーナーが挨拶に来てくれた。

PB010279.jpg
このパン美味しい!

PB010280.jpg
いつも食べてたトマトソースのパスタが大好きだった

特に麺(パスタ)がプリプリと歯ごたえが有って美味しかったです。例えるなら讃岐うどんやつけ麺屋の歯ごたえがあって美味しい店の麺と言った感じ。
ピザも美味しかったんですけど写真がないです。(すみません)



2012-02-20(Mon)
 

SWISS-HOUSE

私がパタヤでよく行くレストランに「SWISS-HOUSE」がある。
場所はウォーキングストリートからソイ・ダイアモンドに入ってダイアモンドビーチホテルの横にある。

PA290121.jpg
店の場所はGOGOバー「ウインドミル」の並びの3つ先位 


PA290122.jpg
店の入り口

店に入ると「オーナー」のファランが(多分スイス人)席まできて声をかけてくれる。タイ人女性との結婚式のようなツーショット写真が店内に飾ってあるのでタイ人の奥さんがいる模様。
暇な時は仕事中にもかかわらず、店前の席に座ってワインを飲んでいる。(こんな身分になりたいものだ)

メニューはパスタやステーキなどが中心で、タイ料理もある。お勧めはパスタ・カルボナーラと牛のペッパーステーキ。サーモンのクリームソース(パスタ)も凄く美味しい!

この店に友達を何人か連れてきたが皆「こんなの今まで食べた事が無い、日本では食べた事が無い味。凄く美味しい!」って感動してくれる。

PA290120.jpg
店内、いつもタイ人の感じのいいウエイターが対応してくれる。

PA290123.jpg
料理が来る前に必ずこのパンが出てくる。これも美味しい!

PA290124.jpg
これが絶品のカルボナーラ、クリーミィーで美味しい!! 「百聞は一見にしかず」是非お試しあれ!

※値段上がってなければ160バーツだったと思います  
2012-02-20(Mon)
 

ハッピー

パタヤ・ウォーキングストリートにあるゴーゴーバー「ハッピー」 パタヤに来れば必ず立ち寄る店です。
この店でも私は数人の娘をペイバーした事があります。
ここはスーパーベイビーとは違って長時間居て飲んで騒げる店かつ、ペイバー出来る可愛い女の子もそれなりにいる私のお気に入りの店の一つでもあります。
この前の年末年始もここに行き、以前一度ペイバーした事がある子が寄って来たので2日連続でペイバーしました。
年越しのカウントダウンも彼女とここで迎えました。二人のファランが競うように20バーツ紙幣をばらまいてました。(笑)


PB050433.jpg
「ハッピー」入口

PA300208.jpg
「ハッピー」の看板 これは一つ前の看板ですね(古いw)こっちの看板の方が好きだったんですけどね

PB030352.jpg
いつも店の前で女の子達が並んで呼び込みをしてます

ハッピーはスーパーベイビーとならんで日本人にとても人気があります。
以前はショート・1500B(バーツ)、ロング2000~2500B位だったんですが、ここ2、3年で500~1000B程相場が上がってます。女の子の言い値ですけどね。
今でも交渉次第ではロングで2500Bでも行けると思います。(女の子によるが)
この前の年末この店で「KOJI!KOJI!」と私を呼ぶ声がしたので振り向くと「ビーチクラブ」にいた娘でした。
他店からここに移動してくる子が多いですね、それだけ勢いがあって集客力があるんじゃないでしょうか。その子も目でたく日本人にペイバーされたようです。(笑)

「ハッピー」ではたまにハマるので12時位から閉店4時頃まで店に居た事も何度もあります。

「あ~早く行きたいなぁ~!」

PB030329.jpg
女の子達の必至な呼び込み「ウエルカァ~ム!」

PB030371.jpg
この服装がたまらない!

2012-02-19(Sun)
 

スーパーベイビー

パタヤのゴーゴーバーと言えばなんと言ってもスーパーベイビー、私が初めてパタヤで行ったGOGOであり、初ペイバーしたのもこの店だ。
友達などと待ち合わせた時など一部例外はあるが、パタヤに着いて必ず最初の1件目はこの店に入る。ここに来て初めて「パタヤに来たぁ~!」と実感するのである。
最近レベルが落ちている感はあるが、女の子のレベルは(見た目)間違いなくパタヤのゴーゴーバーではベスト3に入ると思う。

PA300143.jpg
1階の一番手前がスーパーベイビー

d.jpg
店の前には在籍ダンサーの写真が番号つきで飾ってある

PA290129.jpg
スーパーベイビーはソイ・ダイアモンドにある。(ソイ・ダイアモンド入口、ウォーキングストリート側)

PA300142.jpg
ダイアモンドビーチホテル側から見たソイ・ダイアモンド

PA300198.jpg
同じくダイアモンドビーチホテル側から見たソイ・ダイアモンド(夜)


私がこれまでスーパーベイビーでペイバーしたのは5人位、それも全て19歳の娘。
特に狙った訳でもないのだが、たまたま私の好みの子が19歳だったっのもあるし、この店がそれだけ若い娘を集めている企業努力?をしているのだと思う。
この店の店員とは皆顔見知りなので私を見つけると必ず店長が私の所まで来て一声かけて握手を求めてくる。
ウエイトレスも寄って来て何人も声をかけてくれるし、呼び込みの兄ちゃん達も「おーっ、また来たかーっ(笑)」ってな感じで「またパタヤに来たんだなぁ~」とテンションが上がる。

P4170179.jpg
開店後の店前、呼び込みの兄ちゃん達がいつも楽しく迎えてくれる。

PA300202.jpg
いつもフレンドリーな呼び込みの兄ちゃん達

すみ (13)
私と記念撮影(笑)

ただここ数年、私はスーパーベイビーでペイバーした事がない。
いつも若くて可愛い女の子のダンスを酒を飲みながら見て、ウエイトレス達と冗談を言いながら大体30分程で退店する。何故かこの店でペイバーする気になれないのだ。
私にとって既にダンスショーを鑑賞するだけの店になっている。
これまでこの店でペイバーした女の子で特に嫌な思いはしていないのだが、なんとなく「ビジネスライクのつまらない女の子が多い」と言うような考えが頭の中にあるのだ。
「初めてのパタヤでカルチャーショック!」のNEEのように、決して全部がそんな事はないと思うのだが・・・
パタヤに来る回数を重ねる事に私自身が「性格重視の女性」を求めているからだと思う。
だがこれからも私はパタヤに来たら1番にスーパーベイビー行こうと思う、そして何時か再びこの店でペイバーする女の子に出会える日を待って・・・



P4170178.jpg
向かい側正面は姉妹店スーパーガール

PA290126.jpg
スーパーガールの店前にも在籍中の女の子の写真が飾ってある
2012-02-17(Fri)
 

成田⇒スワンナプーム

バンコクの国際空港がドンムアンからスワンナプームに変わった直後にバンコクへ旅立った時の写真です。
当時別のブログをやっていた時にUPしようと思い取った写真ですが、前のブログは途中で挫折した(笑)ので今回載せてみます。
フライト気分に浸って下さい(笑)
 つまんないなんていわないで

PA210032.jpg
出発前バックの中身 当時、Gダイヤリーと指差し会話帳は必須でしたね(笑)

PA210035.jpg
当時最新号のGダイヤリー(新空港からパタヤに行こう!)片手に夢の国へ

昔は荷物をあまり持ちたくなかったので、その辺で買った3~4千円位の小さなバックを使っていました。
ですが帰りにお土産などの荷物が入らなかったり、3回位旅に出ると壊れてしまうので、今ではもう2~3回り大きなバックで自分にしては高いキャリーケースに変えました。
もう5年位使ってますが今だに壊れず丈夫です。やっぱ高いだけありますね、自分にしてはですが(笑)


PA210036.jpg
成田空港内のレストラン

PA210037.jpg
同じくレストランのショーケース

PA210038.jpg
上のレストランの右側のショーケース

成田空港内のレストランは基本高いわりには美味しい料理少ないですね。まぁしょうがないんでしょうが・・・

PA210046.jpg
特にここの「そば」全然美味しくないです。カフェ・バーって書いてあるからしょうがないかもしれませんが限度あります。
外国人も沢山お店にいたし、あれが日本の「そば」だなんて思ってほしくないです。一応日本なんですから。


PA210039.jpg
空港内には「TUTAYA」もあります。出発時に借りて帰国時に返すのでしょうか。

PA210043.jpg
当時新しく増築されて更に広くなった第一ターミナル(南ウイング)

PA210045.jpg
きれいで、広~い!

PA210040.jpg
ユナイテッド航空のカウンター ここで登場手続き

PA210041.jpg
離陸時刻掲示板

PA210042.jpg
18:10 BANGKOK UA837 この便で出発

PA210047.jpg
この飛行機に乗って飛び立つんだ!

PA210048.jpg
搭乗口待合室で

手荷物はこれだけ。青いポーチに現金、クレジットカード、パスポート、搭乗券など大事な物を。
「地球の歩き方トラベル会話」これが一番良くて使いやすいです。日本語ータイ語の他に英語訳が載っていていざという時に本当に使える文書が載っています。
他のトラベル会話は困った時に本当に相手に伝えたい文章が載ってない時があります。 


PA210050.jpg
機内に乗りビールが出ました。なんと「GENUINE!」これが旨い!

PA210051.jpg
つまみも出て最高!

PA210053.jpg
少し時間が経って機内食も出ました。チキンの照り焼き、機内食にしては美味しかった。

PA220054.jpg
無事スワンナプーム空港に到着、イミグレも新しい。

PA220055.jpg
預け荷物受け取り場 新しくて広い! さぁ行くぞ~! 
2012-02-16(Thu)
 

初めてパタヤに行って思った事

3度目のタイでパタヤに行って感じた事は、「パタヤは夜の大人の遊園地」だ!と思った。
バンコクの3大GOGOバー地帯を全部一か所に集めて隣にビーチがある、そんな印象だった。
一番驚いたのはビアバーの多さ、多分パタヤには1000以上のビアバーがあるだろう。(ひょっとしたら2000位あるかも)

すみ (8)
至る所にビアバーが並んでる

ウォーキングストリートは夜の8時(今は7時かな?)から朝方まで歩行天になり、毎日がお祭り騒ぎ。更に年末年始やタイの行事の日などは人が歩けなくなるほどの人が集まる。
50~60店舗のGOGOバーがあり、その隙間には数えきれない程のビアバー、そしてディスコやレストラン、ムエタイバー、路上の大道芸人、白人が踊るヨーロピアンバーもある。
ウォーキングストリートだけでも遊びきれない程。
バンコクのパッポン通りのように夜遊び目的の人と家族連れやカップル、ツアーの団体旅行者など色々な人種が混ざりあっている。

すみ (4)
ウォーキングストリート入口

すみ (9)
ウォーキングストリート南側入口(反対側)

すみ (7)
ウォーキングストリート内

PB040409.jpg
最近見なくなったな

他にもソイ・パタヤランドやBOYSタウン、ソイ6の置●街、ソイ・ブッカオなんかにもGOGOが数店舗かたまってるし、マッサージパーラ、カラオケクラブなどありとあらゆるものがあり、
まさに「遊びをクリエイトするパタヤ」である。

すみ (5)
ソイ・パタヤランド

すみ
ソイ6

PC310076.jpg
ソイ6には怪しげなファランがいっぱい(笑)

バンコクと違う所はGOGOバーに関して言えばダンサーが全店ほぼトップレス又は全裸で、バンコクではほとんど見かけない。
店も深夜3~4時位までやっているので朝方まで飲んでいられる。相場もペイバー料金はあまり差はないが、女の子のチップは500~1000バーツ位安い感じだ。
バンコクよりは擦れてない女の子が多いと思う。(最近は少し変わってきてると思いますが、それでもバンコクよりは)
食事やマッサージなど全体的な物価もバンコクより安い。

すみ (3)
年末年始のロイヤルガーデンプラザ

PC310090.jpg
2007年(笑)

パタヤに行った事がある人はこれからも、行った事がない方は是非遊びに行ってみてください。

パタヤビーチでエンジョイ! A GO GO!!
2012-02-16(Thu)
 

初めてのパタヤでカルチャーショック! 8

こうして無事?にパタヤ初日を刺激的に過ごした私は、2日目の夜もNEEと遊ぶ約束をしていた。
スーパーベイビーの開店時間、夜8時少し過ぎに入店。NEEは8時半頃に出勤し、私に気がつくと早々と近寄って来た。
「まだ早いよ~」とNEE、白いビキニの姿にそそられる。早速ペイバーし昨日と同じようにGOGO巡りなどをして遊んでいた。本日もロングでペイバーしていた。
昨日と同じくJF300バーツをホテルフロントに払い、NEEとホテルにチェックイン。昼前まで私の部屋にいた彼女と次回また会う約束をして別れる。

PC310094.jpg
今日もウォーキングストリートは賑やかだ

ホテルをチェックアウトし、バンコクへの帰りもHISのシャトルバスを予約していたのでHISパタヤ支店へ。途中高速のPAでのトイレ休憩で同バス同乗の日本人二人組の男性と話をする。
彼らもバンコク⇒パタヤ⇒バンコクの日程で遊びに来ているらしい、お互い同じ匂いを感じていたようだ(笑)
バンコクに到着し、HISバンコク支店の入ってる「タイムズスクエアビル」の近くのピザハットでお茶をし、コーラを奢ってくれた。
彼らの内一人はタイ語が日常会話レベルで独学で勉強したらしい。「へぇ~凄いな」と私は思った。「バカラに知り合いがいるから良ければ今晩バカラで会いましょう」と言われたが結局その日はバカラには行かなかった。

PA230078.jpg
HISバンコク支店が11階に入っていたタイムズスクエアビル(当時) 今はアソーク交差点付近に移動してます

PA230077.jpg
タイムズスクエアビル内 中央は吹き抜けに

その日の夕方どこかのマッサージパーラに行こうと思ってバンコク・ペップリー通りを歩いている時にパタヤにいるNEEに電話「バンコクに着いたよ」(笑)
こうして私の刺激的な「初パタヤ」は幕を閉じたのであった。

PB110587.jpg
ペップリー通り(バンコク)

※その後NEEとは次の訪タイで会い、彼女の田舎ウドンタニーに一週間滞在する事になる。詳細は「私が付き合ってきた女達シリーズ」で書こうと思います。
2012-02-15(Wed)
 

初めてのパタヤでカルチャーショック! 7

夜景を見終わるとNEEが「お腹減った?」と聞くので、私は「腹減ったよ」と言うと「私のお姉さん(義理の)の店に行こう、ステーキが美味しい」と言うのでその店へ。
(タイでは血は繋がってないが世話になってたり、中の良い年上の人をお姉さんと呼ぶ娘が多い)
ハードロックカフェの隣辺りにあるそのレストランのステーキは美味しかった。NEEのお姉さんに挨拶して店を出る、もう大分遅い時間だったのでパタヤセンターホテルに戻るとNEEのJF(ジョナフィー)300バーツをフロントで取られた。
ロングでペイバーしていて、NEEは翌日の昼過ぎまで私の部屋で寝ていた。(笑)
昼過ぎに起きたのも彼女の母親からの電話で目覚めたらしく、電話で母親と口喧嘩が始まり喧嘩が終わると「ゴメンネー」と言って慌ただしく自分のアパートに帰って行った。


PB030335.jpg
深夜?朝?4時位のビ-チロード
2012-02-15(Wed)
 

初めてのパタヤでカルチャーショック! 6

その女の子を見ていると、向こうもこちらの視線に気づきチラチラと何度か目が合う。女の子はダンスする位置を移動しながら私に微笑みながらアイコンタクト。
私もすでにその子が気に入ってたので視線を送り続け、「ダンスタイムが終わったらこれは来るな」と確信をした。
そして彼女がステージの一番端っこでダンスを終えステージを降りると「キタァー!!」(笑)私の所に寄って来た。
彼女が日本語で「日本人ですか?」 私「そうだけど、日本語わかるの?」 彼女「はい」 私「なんで?」 彼女「私前、タニヤにいました」
なんかパッポンの初GOGO時と同じだな(笑)
彼女の名前は「NEE」ウドンタニー出身の19歳、以前タニアのカラオケで働いてて、その前は14歳の時からビアバーで働いてたらしい。
日本語は会話が成立する程のレベルだ。彼女をペイバーし店を出る(まだ一件目だぞ(笑))


PB010283.jpg
スーパーベイビーのあるソイ・ダイアモンド入口

彼女の案内の元、ウォーキングストリートに繰り出し向かい側のスーパーガールやハッピーなどのGOGOに行ったりショーをやっているディスコみたいな所に行って二人で遊んだ。

PA300203.jpg
向かい側の姉妹店 スーパーガール

ひと段落してNEEが夜景がキレイな所があると言うのでそこへ行く事に。NEEがソンテウの運転手と交渉し100バーツでチャーターし見晴しの良い丘へ。
絶景である、パタヤビーチ全体が見張らせて夜景がとてもキレイだ。NEEにバンコクはどっちの方向だとか君の田舎はどの方角とかたわいもない事を聞いていた。


P4150162.jpg
ウォーキングストリートはいつも賑やかだ

PA300209.jpg
確かここでショーを見たんだと思う 

DSC00361.jpg
パタヤビーチ南の高台からの眺め、夜になると夜景がきれいだ。
2012-02-14(Tue)
 

初めてのパタヤでカルチャーショック! 5

遂にスーパーベイビーに入店、店に入った瞬間衝撃を受けた。若い美女たちが皆トップレスで踊っていたからだ。
ネットなどの情報から知ってはいたが実際に初めて見ると驚いてしまう、しかも店内は赤、ピンク系の証明でトップレスのダンサー達を更に妖しい魅力で引き立たせる。
店内に流れるミュージックもバンコクのGOGOより音が大きい、バンコクで初めてGOGOに入った時程ではないが私に十分な衝撃を与えた。

PA300199.jpg
一階の店がスーパーベイビー

店内のカウンター席に案内され、一時唖然としてポカーンと驚いている私の顔を見た数人のダンサーが微笑んでいた。
「こ、これは・・・」
バンコクのレインボー2よりレベルが高い、しかも若い。レインボー2には30歳台のおばさん?も混じっていたがここスーパーベイビーは18~24歳位までの若い女の子しか居ない。
「素晴らしい!」
やや興奮気味の私はシンハービールを飲みながらステージ上のダンサーを眺めていると一人の女の子に目が留まった。
「あの子いいなぁ~」時々チラっと目が合うも、他の客に呼ばれてしっまた。「ちくしょうーっ!」
バンコクのGOGOとは違って女の子からは積極的に寄っては来ない、パタヤは圧倒的にファランが
多いからだろう。
一番良さそうな子は他の客に取られたので、再びステージ上のダンサーを眺めているとある女の子にが目に留まった。



※ これは7年位前の話です、この時はレインボー2よりもスーパーベイビーの方が可愛い子が多かったと言うのはあくまで私の主観です。
また現在ではスーパーベイビーの女の子は積極的に客にアピールして寄って来る子も多いです。
2012-02-14(Tue)
 

初めてのパタヤでカルチャーショック! 4

ホテルを出てパタヤの散策を始めた、ビーチ沿いは潮風がとても心地良かった。
まだ夕方の5時頃だが、とりあえず有名なウォーキングストリートに向かいWS(ウォーキングストリート・以降略)入口付近のマッサージ屋でタイマッサージを受けた。


PB020293.jpg
パタヤビーチ沿いの道

P4150137.jpg
ビーチ沿いの歩道 潮風が気持ちいい!

P4150132.jpg
パタヤ・ビーチロード

P4150127.jpg
ウォーキングストリート入口

タイマッサージが終わると外は薄暗くなっていたがまだWSは歩行天にはなっておらず、GOGOも開いてなかった。
とりあえずスーパーベイビーの場所を確認する為ソイ・ダイヤモンドへ向かい店の場所を確認、店前にダンサーの写真が貼ってある。
まだ時間が早いので周辺を散策。パタヤのGOGOは一部を除き夜8時オープンらしい、バンコクでは夜7時なので1時間遅い。
そして遂に開店時間を迎え、スーパーベイビーへと足を運ぶのであった。


PA290125.jpg
スーパーベイビーの店の前には在籍ダンサーの写真が飾ってある
2012-02-14(Tue)
 

初めてのパタヤでカルチャーショック! 3

HISパタヤ支店の人にホテルの場所を聞くとパタヤビーチ沿いにある建物の中では一番高く(当時セントラルフェスティバルは無かった)簡単に見つかると言う。
3回目のタイとは言えまだまだ初心者、それにパタヤは初めてだし更に聞くと「マイクショッピングセンターの手前です」って言われてもわかんないんですけど~
なんか店員が一人しか居ないらしく忙しそうだったので「まっいっか、腹も減ったし」と店を出る。このビルはちょっとしたショッピングセンターになっていたのでビル内を散策。
1階にフードコートを発見!


PA310240.jpg
ビル内はちょっとしたショッピングセンター

PA310242.jpg
1階フードコート内

フードコートでグリーンカレーを頼んだらなんと25バーツ、やっやっ安い!しかも量もそこそこのボリュームで大きなチキンの塊りがゴロゴロしてる。そして旨い!辛い!めちゃくちゃ辛い!!
私は日本で「カレーのココ壱」で10辛を食べた事があるが、それより更に辛い。辛い物は好きで多少は辛くても食べれるのだが食べたあと下ってしまう。
ココ壱で10辛を食べた時もそうだったが、この時も食べた後ゲ●ピーでこの日は1日中腹が下ってた(笑)

食事を終えて、通りに出るがソンテウがいっぱい走っててどれに乗っていいのやらわからない。
とりあえず一番高い白いビルに向かっているソンテウに飛び乗り、高くて白いビルの前で降り運転手に20バーツ紙幣を渡し無事パタヤセンターホテルにチェックインした。
ソンテウがいくらかわからなかったので20バーツ紙幣を運転手に渡してしまったが、後で10バーツだった事をその日の夜ペイバーしたGOGOの女の子に教えてもらった(笑)


PC310052.jpg
パタヤセンターホテル 当時HISで一泊1600バーツ
2012-02-13(Mon)
 

初めてのパタヤでカルチャーショック! 2

パタヤ行きのシャトルバスに乗る為HISバンコク支店に向かう、私の他にも数名日本人+タイ人の女の子1名が約9人乗りのバスに乗っていた。
どうやらタイ人の女の子は初老の日本人男性の連れらしい。女の子は多分18歳位なんだろうけどパット見15歳位にしか見えない。
他にもごく普通の日本人カップルなんかもこのバスには乗っているのに「恥ずかしくねーのかよ?」と私は思った。
一般バスやタクシーならどうと言う事はないが、明らかに車内で浮いていた。横で話を聞いてると(聞きたくて聞いた訳じゃないが)昨日どこかでペイバーした子らしい。
なんでも彼女の実家がラヨーン方面らしく途中パタヤまで一緒に行くらしい。車内で少し恥ずかしそうにする彼女。そりゃそーだろ周りは真面な日本人(俺以外w)なんだから。
だけど初老の男も優しそうな感じだし、二人でコソコソと控えめに話している姿を見てだんだん微笑ましくなってきた。
そんなこんなでHISパタヤ支店到着、着く少し前に海が見えて感激!遂にパタヤビーチにやって来た!


PA310239.jpg
HISパタヤ支店が入ってるビルPSプラザ 左横の道はパタヤセンター通り 

PA310243.jpg
ビルの入口

PA310241.jpg
HISパタヤ支店
2012-02-13(Mon)
 

初めてのパタヤでカルチャーショック! 1 

いやぁ~、やっとタイトル名のパタヤの記事に入れました(笑)
まさか「初めてのタイでカルチャーショック!」シリーズがあんなに長くなるとは・・・

私が初めてパタヤに行ったのは3回目の訪タイ時、今から約7年程前の事。2回目のタイ・バンコクで苦い思いをした私だが、更に刺激を求め、海を求めてパタヤへ。
パタヤビーチと言えば以前から名前だけは知っていた。漫画少年マガジンの「はじめの一歩」のライバル「宮田一郎君」が修行をした場所だ。
かつてはその程度の認識しか無かったがタイ・バンコクに行ってからはネットなどで色々と情報収集していた。
特に「スーパーベイビー」という名前のGOGOバーに惹かれていた。「絶対に行ってみたい!」という強い思いから遂に実現した。人間強い思いがあれば願いは叶うものである。
高校まで海の近くに住んでいて一応サーファーだった私は少年時代から南国のビーチに対しての憧れもあった。
初めてのパタヤに期待と不安を胸にパタヤに挑むのである。

今回は9日間の日程でバンコク⇒パタヤ⇒バンコクそれぞれ3日間の日程、パタヤには二泊三日滞在の予定。
バンコクで3日間遊び呆けた私はHISバンコクで支店にてバンコク⇔パタヤのシャトルバス、片道300バーツ(現在は400バーツ)を予約し、ホテルも2日間パタヤセンターホテルを予約した。


PA300150.jpg
パタヤビーチ
2012-02-13(Mon)
 

初めてのタイでカルチャーショック! 帰国後

タイから帰国後も私はタイの事を引きずりまくって、仕事中もタイとTAMの事ばかりが頭の中にありました。日本から国際電話で毎日のようにTAMに電話していました。
初めての訪タイから4ヶ月後の10月に2回目の訪タイの時にTAMとは破局、理由は些細な事?
2回目の訪タイまでの4ヶ月間TAMに会いたくてしょうがなかったんですが、帰国後TKさんから色々な情報をもらいました。
ナナプラザの事、マッサージパーラーの事、Gダイヤリー、外道の細○などの夜遊びサイトの事などを教えてもらい、自分で色々と調べ当然「色んな所に行ってみたい!」となる訳でTAMに内緒で他の女と遊んだ事がバレてしまったんですね(笑)
2回目は10日間の日程で一人で行き、TAMには7日間の日程で伝えておき初めの3日間ナナプラザとかで他の女と遊んでいたんですね。

なんでバレたのか?
まず3日間日本から私の電話がTAMに一切なかった事、TAMも私がタイに来る日を知っていた訳ですから「後3日でKOJIが来る!」とタイから日本の私に電話してたそうです。
当然3日間も繋がらないから「あやしい!」と思うはず。それまで毎日電話してたんだからw
もう一つは「ゴムが一つ足らなかった事」
一週間タイ滞在の予定とTAMに伝えていた私だが、実際はTAMに伝えていたタイ到着日の3日前にバンコクに到着し、ある一人のGOGO嬢をホテルに招き入れた。
一戦交える為に当然ゴムを買う、タイのゴムは3つ入りで一つ使う訳だがその翌日か翌々日位だかにTAMに「今バンコクに着いたよ」とホテルに呼ぶ。
3日間電話が繋がらなかった事で既に少し不信に思っていた彼女は私がバッグからゴムを出した時に既に封が開いていた事に気づき、すかさずチェックして「なんで一つ足りない!?と浮気がバレた。(ちなみにその後もまた違うGOGO嬢と同じ事を繰り返してますww)
「オマエもか!」とTAMはもの凄く悲しそうな顔をした。結局その後一週間彼女と居たが私の事を本気で信用出来なくなったTAMは態度も初め出会った時とは少し違いあえなく破局。
(詳細は「私がつき合った女達シリーズ」で書こうと思います。いつになるかわかりませんが)

ちなみにTAMはその1年半後位に日本人とめでたく結婚して現在日本にいます。数少ない成功例ですね。
まだ店で働いている妹「オー」が、タイでの結婚式の写真や旦那さんの写真を見せてくれました。(私が見せてと言ったんじゃないですよ!(笑))

彼女の幸せを願います・・・


imga8b23337v17r7g[1]
スイスパークホテル  このホテルです浮気ばれたの(笑)
2012-02-11(Sat)
 

初めてのタイでカルチャーショック! 10

「キングス・キャッスル3」でオカマと遊んだ後に向かった先は「キングス・コーナー」、またまた「キングスグループ」の一角だ。
ナナプラザで言えば「レインボーグループ」、ソイカウボーイで言えば「サハラ、KISS、ミッドナイトバー」などの数店舗、パタヤで言えば「ハッピー、ビーチクラブ、ペパーミント」などの数店舗と言ったように
大体どこのGOGOバー密集地帯でも人気店数店舗が同一グループである事が多い。
ただこの「キングス・コーナー」は少し変わってて、ダンサーが女とオカマ半々づつで交代で踊る。つまり女がステージで踊っている時はオカマは踊らない、オカマが踊っている時は女は踊らないのである。
なのでダンスは、女⇒オカマ⇒女⇒オカマ・・・ってな具合。で、10時以降になると本格的なニューハーフショウが1時間ごと位に定期的に行われる。
よく日本の旅行会社などが2~3000バーツ位でニューハーフショーのオプショナルツアーをやっているが、ここならドリンク1杯頼めばタダである。
当時ビール100バーツ、コーラ80バーツだったのでただみたいなもんだ。
TAMはここのママさんと、仲が良いらしく1杯奢ってやって話をした。時計を見るとともう12時半位「ヤベ!帰らなきゃ!」
まだ早いと思うかもしれないが、飛行機が確か朝4時半位の出発だったのでTAMにタクシーを拾ってもらいホテルに戻る。
ホテルにつくと、TKさんとKB君はすでに身支度をして部屋で待っていた。一応ツアーガイドのジョーさんもロビーで待機していた。
私も慌てて荷物をまとめ、2時頃ドンムアン空港に向けて旅行会社のワゴン車で出発。運転手が飛ばす!飛ばす!
KB君が「この運転手トバしすぎじゃね?」とビビッテいた。(笑)
無事空港に着きイミグレを通り飛行機に乗り込み日本に出発。昼の12時頃成田に到着し、空港内のスターバックスで反省会をして帰路に立ち無事に自宅へ。
こうして私の衝撃的な人生初のタイ旅行は幕を閉じたのであった。


PB060530.jpg
この手前のシーロム通りでTAMにタクシーを拾ってもらう。彼女の寂しそうな顔が印象的だった。
2012-02-11(Sat)
 

初めてのタイでカルチャーショック! 9

「KING’S CASTLE 2」に到着、まだ時間が早いのか客もダンサーも少ない。昨日は土曜日の夜10時すぎのピーク時に入店だったから鬼込みだったのだ。
TAMと店に入るとTAMの妹「オー」やウエイトレス達が寄って来る。
「チップ!チップ!」「コーラ!コーラ!」と全員が連呼(笑)ぜんぜん関係ない奴も言ってくる。
今は反省したのかわからないが(笑)当時はチップ!コーラ!攻撃が凄かったのだ。しかも少し話をしてからやんわりと言うのではなく、
初めて会ってなんの接点もないのにいきなりしかめっ面で怒鳴るようデカイ声で「チップ!」「コーラ!」とほぼ全員が連呼するのだ。
昨日TAMをペイバーして席を立つときも数名が私を囲み「チップ!チップ!」と言って来たので、感じのいいウエイトレスに100バーツあげたら、それを見た女達が一斉に20人以上寄って来て山の手線のラッシュアワー状態になってしまった。

PB060534.jpg
キングス・キャッスル1の店前 この隣がキングス・キャッスル2

約1時間後位に店を出ると、店の外で呼び込みをやっていたTAMの妹オーにひやかされズボンとパンツを下までズリ下げられ、フルチ●をさらしてしまった。(笑)
私がパッポン通りでフルチ●デビューをした瞬間である。

昨日と同じ近くのヤ●部屋で1ラウンド後、TAMが「オカマ見たい?」と言うので露店を挟んだ斜めの向かい側「KING’S CASTLE 3」へ、ここは全員がレデイィーボーイの店だ。
初めてレディーボーイを見た私は「これ本当に全員元男かよ」とまたまた衝撃を受けた。
TAMの友達だと言う一人のLB(レディボーイの略)が寄って来たので一杯奢ってあげて話をした。なかなか面白い。
女性ホルモン剤を打ち、胸にはシリコンを入れ、アソコも造っていて見た目は完全に女だが(心も)少し声が女と違うと思った。動きも小刻みに落ち着きがなく妙にクネクネしてる。
胸とアソコを触っていいと言うので(ってか手を掴まれて触らされた)触ってみると妙に弾力があった。やはり本物とは少しちがうなと思い「感じるの?」って聞いたら「感じる」といってた。日本人の彼氏がいるらしい。
「どんな世界だよ?!」ってその時はそう思った。
2012-02-09(Thu)
 

初めてのタイでカルチャーショック! 8

「コン!コン!コン!」という部屋のドアを叩く音で目覚めた、ドアを開けるとそこにはTAMが立っていた。
ん?なんか昨日と違うな、と思ってたら彼女はノーメイク。昨日は暗い店の中でメイクもしていたので、変わり様に一瞬戸惑った。
ちなみにTAMは24歳と言ってが実際は31歳、2回目のタイで事実が発覚したのでこの時私はTAMが24歳だと思っていました。
TAMに「ごはん食べた?」と聞かれたので「何も食べてない」と言うと「安い所ある」とTAMと二人でタクシーに乗りMBK(マーブンクロン)へと向かう。

無題
MBK(マーブンクロン・東急)

途中車内でTAMに他の日本人客から携帯に電話がかかってきて、私が「わー、わー、」と声を出してジャマすると少し怒って噛みつかれた(笑)
MBKに到着し店内のフードコートに連れて行かれて、私は確かカレーみたいな物を食べたと思う。グリーンカレーとは違ったがとても辛かった記憶がある。
TAMが「カライ?カライ?」と日本語で、私「辛いよ」食事が終わり、MBK内の映画館に連れてかれる。
映画館で見たのは「ハリーポッター」の一番初めのやつ、入場料は120バーツか140バーツだったと思う。日本円にして400円位。
日本で最新の映画を映画館で見ると1800円するので破格値だ、英語がわかる人だったらタイでまとめて視ればかなりお得。
しかもタイの方が日本よりも最新の洋画が早めに公開される事が多いので、タイに住んでて映画好きの英語がわかる人には天国のような所だろう。羨ましい限りである。
そりゃーファラン(白人)が沢山タイに来る訳だ!
英語がほとんどわからない私はだんだん飽きてきて、それを察したTAMが「そろそろ行く?」と言ったので映画館を出る。
時間はもう夜の7時頃でMBKを後にしTAMの店「KING’S CASTLE 2」のあるパッポンへ向かった。
2012-02-07(Tue)
 

初めてのタイでカルチャーショック! 7

TAMと店を出た私はTAMの案内で近くのや●部屋で一戦を終え、TAMとは明日の昼間にまた会う約束をし、明日の午後3時にホテルにくると言うので部屋番号を告げた。
何もわからない私はTAMにタクシーを拾ってもらいホテル名を告げてもらって、バンコクセンターホテルに無事到着した。
ちなみにTKさんとKB君は気に入った子が居なかったらしく、その後ナナプラザへ。KB君は若くてなかなかのイケメンなのでレインボー1?2?3?どこだか忘れたが女の子に気に入られたらしく、
その子とビリヤードした後一戦交えたらしい(当時レインボー4はまだ無かった)TKさんは不明。
二人は散歩がてら、深夜のスクンビットをナナプラザからプロンポン辺りまで歩いたらしい。二日間で2時間しか寝てなかった私は既にホテルで爆睡していた。(笑)

PB050479.jpg
ナナプラザ

翌朝TKさんとKB君に起こされ、時計を見るとまだ朝の7時。二人は昨晩遅かったはずなのに・・・
これからカオサンの船着き場からチャオプラヤー川をボートで登って奥の方まで行くらしい、当然私も参加すると思っていた二人。
しかし私には彼女と3時に会う約束が・・・
TKさん「KOJI君早く行こうよ」 KB君「KOJIさん早く着替えて」 私「何時に戻って来るんですか?」 TKさん「多分夕方頃、奥の方まで行くから」 私「えーっ夕方ですか?俺昨日の彼女と3時に会う約束してるんですよね」 KB君「そんなのいいじゃんKOJIさん行こうよ」 私「でもホテルに来るって言ってたしな、約束したし」 KB君「いいから早く行こうよ」 私「やっぱいいわ俺眠いし」 KB君「マジで?KOJIさん一人だけ別行動とかありえねーよ」 私「じゃぁ俺寝るわ・・・」
私が本当に行かないとわかると二人はカオサンへ向かった。私は既にTAMの事しか頭になかったので川登りとかどうでもよかったし、まったく寂しくもなかった。
後で聞いた話だが、KB君によると川の奥の方には野犬がいっぱいいて恐かったらしい。行かなくてよかった(笑)
その後すぐに眠りに着いた私に「コンコンコン」とドアを叩く音がし、再び目を覚ました。
2012-02-06(Mon)
 

初めてのタイでカルチャーショック! 6

人生初のGOGOバーで衝撃的なカルチャーショックを私に与えたその店の名は「KING’S CASTLE 2」その当時は名実ともにバンコクNO1のGOGOバーだった。
今でこそナナプラザのレインボーグループソイカーボウイのバカラにその座を奪われているが当時は間違いなくバンコク、いやタイでも一番の人気店だったと思う。
私達3人はダンサーの目の前のカウンター席に座らされた、というより他に席が無かった。我々が店に入る瞬間に3人の女が着いた。
店内の異様さに唖然としていた私に着いた女の名は「TAM」店の前で客の呼び込みをしているので私服だった。
(今で言えばホステスですが、当時はホステスなんてのはGOGOにはいなかったんです)
他にも私服の女が3人ほどいてその内の一人はTAMの妹「オー」と私がTAMと破局した後に2回程ペイバーした「TAE」で後は覚えていない。
TAMは私に猛攻なアタックをして来て、彼女は日本語も堪能で日本語で話しかけてくる。顔も日本人っぽくて自分のタイプだった。

PB060537.jpg
店の前:ここの前を通る客を捕まえては店に引きずり込むw 暇な時は椅子に座って待機

私「日本語話せるの?」 TAM「日本語わかる、大丈夫」 私「日本人?」 TAM「違うタイ人」 私「え?何で日本語話せるの?」 TAM「私日本人が好き」
TAMは本当に日本人が好きらしく、日本人の客しか取らないみたいだ。理由は優しくてカッコイイ人が多いからだと言う、その為にバンコクの日本語学校に通っていた程。
妹のオーにも日本人の客しか取らせない徹底ぶり、実際オーも日本語のレベルは相当なものだった。妹とダンサーではなく呼び込みをやっているのは自分で客を選べるから、つまり日本人の客に自分から行けるから。
TAMは以前ダンサーもやっていたがファランや他のアジア系に呼ばれるのが嫌だったみたいで、言い換えればワガママな女とも言えなくもない。
彼女がしきりに「ペイバーOK?OK?」と私に言ってくる。TKさんに「この子何を言ってるんですか?ペイバーってなんですか?」と尋ねると「外に連れ出して・・・」
「えっ?そんな事出来るんですか?」 TKさん「あとは彼女と交渉次第」すると彼女が日本語で「2000バーツ」えっ!そんなんでいいの?・・・
その間も彼女の猛アタックは続いており、私はちょっとしたパニック状態だったため他の女の子を見る余裕もなくなんと言っても彼女が可愛いかったのであえなく撃沈。
「TKさん、俺もうダメだー・・・」彼女をペイバーし、TKさんとKB君を残して店を後にするのであった。
2012-02-06(Mon)
 

初めてのタイでカルチャーショック! 5

カオサンからパッポンに向かった私達、KB君のテンションが異常に高い。
KB君「KOJIさんゴム買った?」 私「はっ?」 KB君「KOJIさんゴム必要だよ」 何を言ってんだコイツ?その時はそう思ってました。
今では考えられない事ですが、その当時の私はタイの夜の繁華街がどんな所かも知らずGOGOバーなんてものもまったく知りませんでした。
KB君は事前に調べたらしくある程度わかっていたようで夜遊びが一番の目的だったようです。(今は自分がそうですが(笑)
パッポンに着いた私達は、まずタニヤ通りに向かいました。KB君がゴムを買うとの事でタニヤ通りにあるファミリーマートに。
KB君「KOJIさんゴム買った?」 私「買ってないよ」 KB君「じゃ俺の一つあげるよ」 私「別にいらないよ」 KB君「いいからあげるよ!」
とりあえずゴムを受け取り私達はTKさん先導のもとパッポン通りに向かう。

パッポン通りに入ると異常な賑やかさ、通りの中央に露店が並び買い物をする一般人や子供、夜遊び目的のファラン(白人)で人がごったがえしていた。
TKさんは早足でドンドン先に進んで行き、私とKB君はついて行くのがやっとだ。すると突然TKさんがある店に入った。本当に突然だった。
後に続いて店に入った私とKB君は入った瞬間に衝撃を受けた。異様なまでの熱気と賑やかさ、光のシャワーとガンガン響くミュージック。
さほど広くはない店内に溢れるばかりの女の子と客でいっぱいだ。ファラン(白人)が多くもの凄い盛り上がり。
「なんなんだここは?」 私とKB君は何が起こっているのかわからなくて放心状態だった。
TKさんによると、いきなり店に入らないと私とKB君が躊躇するんじゃないかと思ったからだそうだ。
そんなTKさんのはからいで私は一生忘れられない程の衝撃とインパクトを受けたのだった。


パッポン通り
パッポン通り、右側にGOGOが並び左に露店、更にその左にもGOGOが並ぶ。
2012-02-06(Mon)
 

初めてのタイでカルチャーショック! 4

夕方タクシーでカオサンに向かった私達3人、バックパッカーのTKさんが何度か行ったお勧めの安いタイマッサージ屋があるし、買い物も安くて種類も豊富だから行こうという事になったのだ。
カオサンは今も昔も世界中のバック・パッカーの聖地として君臨している。TKさんは暑いのにエアコンもない100バーツのゲストハウスやお湯の出ない水シャワーの宿にも泊まった事があるらしい。

imagesCA7PD2PX.jpg
カオサン

まずはタイマッサージ屋へ、1時間90バーツ。確かに安いが初めてのタイだった私はそれが安いのか高いのか今一わからなかったが気持ち良くて良かった。
マッサージ師が皆フレンドリーで微笑みが絶えなかった。まさに微笑みの国。この微笑みが私がタイにハマった要因の一つには間違いない。
タイマッサージが終わるとTKさんお勧めの屋台のミルクバナナシェーキ?を飲む。メチャクチャうまかった。確か10バーツだったような気がする。
あまりの安さに驚いた、日本で売ったら600円は取れるだろう。
そしてカオサンロードでTシャツなどの買い物をしてると陽気なファラン(白人)が「君はいくらでTシャッツを買ったんだい!俺はあいつに100バーツでこのTシャツを買わされたよ!」
と笑いながらジョークまじりに話しかけてきた。アジアの国だけどこうゆう陽気な白人が多い所もタイの魅力だと思う。GOGOも同じだな(笑)
初め200バーツだ!と言われたTシャツを110バーツで買った私は、これまたTKさんお勧めのタイ料理屋へと向かう。
カオサンロードを少し外れた所にある小じんまりとした店は安くておいしかった。またカオパットを注文し、それと空芯菜炒めなんかを注文した。
TKさんが両替をするというので再びカオサンロードへ。
両替後またまたTKさんナビでタクシーでパッポンへ、初めてのタイなので仕方がないがこの旅行は完全にTKさんのナビである。
しかしそんな私の初タイ旅行もTKさんのナビはここまでで、それ以降私のナビゲーションはあるGOGO嬢に変わる。そのGOGO嬢が私をタイに引きずり込む事になった最大の原因なのだ・・・


PA170081.jpg
カオサン通り・両脇に露店が多く並ぶ

PA170082.jpg
いつもファラン(白人)で賑わう 



↓クリックお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
2012-02-06(Mon)
 

初めてのタイでカルチャーショック! 3

2日目の翌朝ガイドのジョーさんが市内観光案内の為ホテルのロビーで待っていた。激安ツアーのため観光案内がセットでついているらしい。
TKさんは何度もタイに来ているため、ガイドのジョーさんに少しのお金を払って観光案内をパスしたためKB君と二人でジョーさんの案内のもと車で市内観光へ。
エメラルド寺院とルビー工場、みやげ物屋を何件か案内された。
エメラルド寺院では一生懸命に日本語で僕たちに説明してくれているタイ人のジョーさんだったが、途中で集中力が切れた私はほとんど話を聞いてなかった。
それを見兼ねたKB君が「KOJIさん一生懸命説明してくれてるのに失礼だよ」とクギをさされた。彼は優しい日本人の若者である。
だが土産物屋に連れまわされた後でKB君は「何かを買わせよとしててムカツク!」とぼやいていた。
彼はやはり日本人の若者である。
ちなみに心優しい私は(笑)あまりにもしつこく営業熱心な店員に何か買ってやらなきゃという気持ちになり、一番安そうな財布を1000バーツで買ってあげた。
エメラルド寺院の物売りの子供からも、とても使えそうにない絵葉書を100バーツで買ってあげた。私も日本人である。
KB君は結局何一つ買わなかった(笑)

st_P53_01[1]
エメラルド寺院

そしてタイ人ガイドのジョーさんによる市内観光も終わり、ホテルに戻ると一人で自由行動していたTKさんと合流し夜の街へと。
ジョーさんが良い所を案内しますと言ってくれたので、僕は「じゃぁーせっかくなんでお願いしようか」と言ったらKB君が「TKさんの知ってる所に行こうよ」と押し切りジョーさんはここで退散、この事がその後私がタイにハマりまくる大きな要因となったのだ。
そして我々は一路カオサンへと向かうのであった。
2012-02-06(Mon)
 

初めてのタイでカルチャーショック! 2

約10年ぶりの海外に飛び立つ私、それもタイ。
今思えばこれ程までに自分の人生を変える運命的な出会いだったとは・・・
タイ? 当時タイと言えばムエタイ位しか頭に浮かばず特になんの関心もなかった私が今やタイなしでは生きていけない。生きがいにすらなっている。
当時あと数年後位には結婚して子供でも出来ればいいなぁ~と思っていたが、今じゃ結婚なんてしたくない!日本で彼女をつくる事すら頭の中から吹っ飛んでしまった。
これまでの自分の人生、生き方、人生感、価値観をガラっと変える、それ程までのインパクトを受けました。
今や老人になってから若いタイ娘と結婚してパタヤでのんびりと余生を送ろうなどといかがわしい考えなど持っている自分がいます。 

さて本題ですが男3人での3泊4日電撃タイツアー。
3泊4日と言っても金~月曜日で出発は金曜の18時30分、帰りは月曜日早朝4時30分頃バンコク発なので実質のタイ滞在期間は52時間という弾丸ツアーでした。
真面目なTKさんとKB君は仕事日の金曜日は休みますと会社に申請していたのですが、いい加減な私は朝会社に出社し「今日は直帰します!」と上司に伝えそのまますぐ帰宅し荷物を持って待ち合わせ場所の日暮里駅へと向かうのでした。(笑)
ノースウエスト航空で成田を出発し、無事にドンムアン空港に着いた私達は旅行会社「てるみくらぶ」のガイド、ジョーさん運転のワゴン車でバンコクセンターホテルにたどり着きました。
もう深夜の1時をまわってて「とりあえず腹減ったから飯でも食おう」とホテル近辺を散策し、屋台で深夜の食事。
やや油っ濃かったがカオパット(チャーハン)がおいしかったのを今でも覚えています。
激安パックツアーなのでやや広い一部屋に3人で泊まるのだが、元々がツインルームなのでベットが二つしかなく真ん中にベット?らしき物が置いてあった。
3人のうち誰がそのベット?らしきものに寝るかジャンケンをして私が負けたのだが若いKB君が「KOJIさんいいよ俺がそこに寝るから」と気をきかせてくれお言葉に甘えてちゃんとしたベットで眠りについた。
明日は市内観光があるからとガイドのジョーさんが朝8時にホテルまで迎えにくるらしい・・・


images[11]
バンコクセンターホテル、もう二度と泊まる事はないだろう。なぜか今でもHISのお勧めのホテルになっている。

PA170079 - コピー
近くにはファランポーン駅(日本で言えば東京駅)がある。深夜1時すぎにこの辺りまで散策した。
2012-02-05(Sun)
 

初めてのタイでカルチャーショック! 1

私が初めてタイに行ったのは今から約8年程前。
以前に勤めていた会社の社員旅行でオーストラリアに行って以来約10年程海外に行ってなかった私は「久々に海外旅行がしたいな~」と言う気持ちになった。
「今海外旅行もパッケジーツアーだと安いし、自分が以前行った事のあるグアムやサイパンなら4~5万円で行けるし」
そう思った私は仲の良かった会社の同僚KB君に「海外旅行しない?」と行って見た。
するとKB君は今まで一度も海外旅行に行った事が無いらしく乗り気で、3~4日位の日程で近場のグアム、サイパン、台湾などが候補地に上がった。
(KB君は当時25歳位)
そして同じく仲の良かったTKさんにも誘いを入れた。TKさんは海外、特にアジアによく行っているバックパッカーで東南アジアや中国、インド、ネパールなんかにも一人で行った事がある海外旅行の達人であった。
(当時私はバックパッカーという言葉も知らなかった)
私は近いし本場の中華料理が食べたかったので台湾に行きましょうと行ったらTKさんが
「男三人で行くならタイの方がいいんじゃない?」と言われ、「TKさんが言うならそうしましょうと」私とKB君は承諾し、
TKさんの友達に旅行会社の友達がいて安く行けるとの事なので航空券やホテルの手配など全てTKさんに任せた。
結果3泊4日で航空券、ホテル、BTS100バーツ券などもついて全て込み込みで約4万円という今では信じられない金額で私の人生初のタイ行きが決まったのである。


P6200003.jpg
2012-02-05(Sun)
 
プロフィール

kojipataya

Author:kojipataya
タイ・特にパタヤとサムイ島が
大好きです!

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
管理人へのお問い合せはこちら!
ブログ主kojipatayaへ意見など  直接連絡を取りたい場合はこちら  までお気軽に!!

名前:
メール:
件名:
本文:

タイのナイト情報がいっぱい
清き一票とコメントをお願いします!
日本の時間

バンコク:現地時間
タイ料理を食べよう!
1日1タイ語を覚えよう!
天気予報
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
A GO GO
パタヤ
現在の閲覧者数:
毎日ひと押しお願いします↓(>_<)
パタヤのホテルはここで!!
バンコクのホテルはここ!!
今一番お得なのはここ!クリック!!
タイ旅行・格安航空券ならHIS!
JALマイルでタイに行きました!
タイ旅行のホテル選びはココ!
安く訪タイ!!
タイツアーなら!
タイの事ならお任せ!
明日にでもタイに行きたい!
ホテル直前の予約がお得!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。