ソイカのコヨーテから頻繁に電話がかかってくる

昨年の夏にハマったソイ・カウボーイのコヨーテから頻繁に電話がかかってきます、バンコクに住んでいる彼女から日本に居る私にです。
毎月電話はかかってくるのですが今月12月は私が年末年始に訪タイするのを見越してか、更に頻繁に電話がかかってきます。

ゴールデンウイーク前の4月やお盆休み前の8月にも同じように頻繁に電話がかかってきました、週に2~3回電話がかかってくる事もありました。
そう、彼女は日本人である私の長期休暇がとれる時期を知っているんですね、日本人を顧客としている他のコヨーテやGOGO嬢、タニヤ嬢なんかも大半が同じだと思います。

そのコヨーテが先日、電話口で「シセイドウ・・・ ノー、キティ・・・」と言っていました。
私はタイ語も英語も得意ではないですが彼女が何を言っているのかはわかります、「キティグッズはいらないから資生堂の化粧品を買ってきてくれと」言っているのですw
(今年1月の再会時にはキティグッズを買っていきました)

私は何を言っているのかわからないフリをしていたら、「もういい、大丈夫」みたいなことを言っていましたww
初めて彼女と出会った昨年の8月に結構盲目的になり、iPhone 4Sを買ってあげたことが印象に残っているんでしょうねww


DSC01823.jpg
コヨーテにハマりすぎないように注意しましょうw 楽しければいいんですけどねww

DSC01361.jpg
100バーツの賄賂を渡して店内を撮影した写真(笑) 前にアップしたのとは違う写真です

DSC02423.jpg
オキニの居る某店からダンディに移籍したコヨーテ、今もいるのかな?

DSC02300.jpg
今年のカウントダウンはソイカになりそうだな・・・

👇ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-12-16(Mon)
 

カメラを取り上げ自分撮りをするスパイスガールズのコヨーテ

ソイ・カウボーイの某店前でジントニックを飲みながらくつろいでいたら、一人のコヨーテが自分の写真を撮れと言う。
コヨーテの写真を撮ると颯爽と確認しに来る、するとコヨーテは私のカメラを取り上げて自分で自分を撮りだしました(笑)


DSC02296.jpg
写真を撮れと言うので撮りました

DSC02294.jpg
写真写りが気に入らないのか、私のカメラを取り上げて自分で写真を撮りだしましたw

DSC02295.jpg
まだ1×歳、友達がたまにドリンクを奢ってました。

DSC02298.jpg
自分で自分を撮って満足したのか、客引きに向かいましたw

DSC02297.jpg
店前の席でジントニックを飲むのが好きです!!

👇ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-08-11(Sun)
 

nakaさんの、ソイカのコヨーティ店、料金情報、ぼったくり情報。

ソイカのコヨーティ王nakaさんより「ソイカのコヨーティ店、料金情報、ぼったくり情報。」をいただきました。

原文のままブログにアップさせていただきます。是非ご参考にしていただければと思います。

DSC01795.jpg
1月上旬 ソイ・カウボーイ


ソイカのスパイスガール系コヨーティ店について、料金情報やぼったくり防止方法について書きます。

ここではまず、「教えて、コヨーティ」のコーナー宛てにメールを頂いた

読者の方の例に挙げて見ます。(了解取りました。)

この方をここではBさんとさせていただきます。


Bさんは昨年タイに来られた際、男性3人でデジャブに入ったそうです。
するとどこからかコヨーティ4人がワラワラと寄ってきました。

そしてなぜかママさん2人も一緒の席に座ってきました。
Bさんが店に居た時間は40分程度でした。


男性3人はビールを各人1本か2本飲み、

コヨーティだちも決してバカ飲みしていた印象は無かったのに、
そのときの会計が7000Bだったそうです。

Bさんがコヨーティ店と呼ばれる店に行ったのはそれが初めての事でしたし、
お金のことでごちゃごちゃと時間を使ってしまうのも楽しくないなと思い、
そのときは一応請求された通りに支払ったそうです。


上記のケースを検証してみましょう。

スパイスガール系の店は、瓶ビール190バーツ、コヨーティドリンク220バーツです。

(コヨーティドリンクは、コーラかテキーラの2種類しかありません。どちらも220です。)

Bさんたち3人は、それぞれ2本づつビールを飲んだとします。

(190x2)x3=1140バーツ

そしてコヨーティたちもバカ飲みしていた印象は無かったと言うことですので

コヨーティ1人あたり3杯飲んだとします。

(220x3)x4=2640バーツ

ここまでの合計は3780バーツになります。

しかし会計は7000バーツだったので、3220バーツの不明金がでます。

おそらくBさんのケースでは、その3220バーツはママさん2人のドリンク代として

会計に計上されたものと思われます。

まあ実際に飲んだ数が正確にわからないのですが、だいたいそんな所だと思います。


まず最初に、絶対にママさんを座らせてはいけません。

どこも化け物のようなママさんばかりですので、彼女らはこんなチャンスがあれば

ここぞとばかりにボッタくって来ます。

そして彼女らは、日本人はあまり文句を言ってこないことも知っています。

それにママさんと言っても、コヨーティたちの雇用主は別ですので、ママさんに良くしても

何も良い事ありません。


次に、座らせる女の子の数ですが、出来れば少ないほうが良いですね。

でもたくさん呼べば楽しい事も良く分かります。

おそらくコヨーティだけ座らせているのなら、ほぼぼったくりは無いと思います。

ただ当然呼んだ女の子の数だけ公平に奢るのが基本ですから、請求は高額になりますけどねw

でもそれはぼったくりでは無いですよね。


そしてその時Bさんは、請求が高額だと感じたが、そのまま払いました。

これには賛否両論あるかと思いますが、私はそれで良いと思います。

ソイカで外国人が揉め事を起こしても勝ち目はありません。

血の気の多いファランはそんな時すぐに手が出るようですが、

結局タイ人数十人にボコボコにされて泣いて帰るのが落ちです。

私も実際に何度かそんな光景を目撃しています。(コヨーティたちもも脇からハイヒールでけりを入れていたww)


われわれ日本人は、静かに事実起ったことをインターネットなどで広くみんなに知らせましょう。

そうすれば彼女らも(ママさん)何時までも同じ事をしていられる訳がありません。

実際に昨年サハラのママさんたちは解雇されました。(ナナに居ますが・・・)

だいたい以上のようになります。

遊び方は人それぞれですが、料金システムは知っておいた方が良いと思います。


そういえば某ブロガーの k●ji さん(一部伏字にさせて頂きます)は、

1人で店に入り、ぼったくりされた訳でも無いのに7000バーツくらい使うそうです。

それもコヨーティをたくさん呼んでいるわけでも無いそうです。

いったいどれだけ飲ませてるんだよ!とも言いたくなりますが、

これもまた、正しいコヨーティ遊びの1つとは言えるかも知れませんwww


あ、書き忘れました。

例のB級コヨーティの店ですが、コヨーティドリンクは200バーツです。

客の飲み物は店によって違い、125から150バーツくらいでしょうか。

よってスパイス系よりは安く上がります。

ペイバー4000バーツ。(前にも書きましたがこれは女の子による)

1度に5杯奢れば、その子はその日踊る必要が無くなり、ずっとそばにいてくれる。
こんな感じでしょうか。

ではソイカに行ってきます。     naka (2013年1月17日)



※ 管理人の私から(KOJIPATAYA)
   
 私の場合はオキニのコヨーティがいて彼女の出勤の21時~閉店までずっと店に居たので7~8千バーツ位になりました。(私の場合は毎日、一週間連続ですw アホですよねww)
オキニに1時間ごとにテキーラ2杯位、オキニの友達のコヨーティにも同じ位、自分も2杯位、ママには1日1杯だけ。これで6時間で(私はオキニのコヨーティが来る前の20時位から飲んでいる分もある)大体7~8千バーツの計算になり、実際そうでした。

ちなみに私はどんなに酔っぱらっていても大体いくら位か計算をしていますので、ボッタクられた事はパタヤの某GOGO店で1度だけありましたがそれ以外は記憶にないです。

私見ですが、口で言う分には問題ないかと思いますので、もしボッタクられたら文句を言って主張した方が良いと思います。私はそれで何度かお金を返してもらった事があります。
黙っていたら相手はつけ上がって、また行った時に同じ事をされてしまいます。そういった情報は他店にも行きますし良いカモにされてしまいますからね。(GOGO嬢も同じですよねw)

何も言わず主張しないとずっとそのままで泣き寝入りをしないといけないですから。特に日本人はそう思われている所がありますからね。
どこかの国の人みたいに行き過ぎた主張はしなくてよいと思いますが、不当な事に対してははっきりとものを言うべきだと思います。
こちらから手を出して暴力さえ振るわなければ、相手からボコられる事はおそらくないかとは思います。(あくまで私の個人的意見ですが)


↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-18(Fri)
 

nakaさんの、ソイカ・コヨーティ基本情報!

ソイ・カウボーイのコヨーティ王nakaさんから、ソイカの店&コヨーティに関する詳細情報を頂きましたのでブログにアップさせていただきます。
少しでも皆様のお役にたてればと思います。
(現時点での情報ですので今後変わってくる場合がございます)



【ソイカウボーイ コヨーティ店に関する一般情報】

ソイカウボーイコヨーテ店のうち、いわゆる「スパイスガール系」以下6店です。

①スパイスガール  2008年8月以降、隣のカウボーイ1をぶち抜き改装、その後コヨーティが導入され始めた。

同年12月頃から、統一コスチュームが導入され始めた。


②キッス   スパイスガールのボスがブラックアンドホワイトを買収し改装

この頃から怒涛の買収攻勢が始まり、各店のオープンが何時だったかよく覚えていません。

たしか2009年の前半にはキスはあった様な気がします。


③リオ   同じく旧アワープレースを買収しコヨーテ店へ、大改装し店名をリオへ変更。


④ミッドナイト   同じく買収 旧店舗名はミッドナイトバーだったのであまり名前は変っていません。


⑤デジャブ   同上 2012年初めに3店ぶち抜き改装。グループ内では一番広い店となる。


⑥サハラ   ミッドナイトバーの前にあった小さな店を2件買収し、二つ繋げて新規オープン

確か2011年の前半だったと思う。


以上6店のコヨーティはほぼ同じルールにて縛られています。

出勤時間は20時30分 終了は深夜2時30分から3時

各店ごと統一コスチュームで踊ります。グループ店間での女の子の移動も良くあります。

※ コヨーテはペイバーできません。女の子により出来たり出来なかったりするのではなく、だれも出来ません。

ですから、彼女たちと店外で関係を持とうとするなら、店が終わった後か、後日という事になります。

しかしその辺規則が厳しく、店内で電話番号のやり取りなどは禁止されていて、ボスに見つかれば解雇されることもあります。

深夜店が終わった後コヨーティが客と会ってないか監視されていた事もありました。

私見ですが、そのあたり最近だいぶゆるくなってきたと思います。


2013年1月現在、一番レベルが高いと思われるのはスパイスガールです。

一番エロイのはデジャブでしょうね。某有名ブロガーも、デジャブでコヨーティのおっぱい揉んでます。

それと最近コヨーティの平均年齢が下がってきてます。現在は半数以上は高校生くらいの年齢です。

昨日サハラに行ったら子供ばかりで、「ここはどこの学校だよ?」と思ったくらいです。


※ 一方去年始めあたりから出てきたのですが、「B級コヨーテ店」というのがあります。(私が勝手に名づけた。)

カウボーイ2、ダンディー、ドールハウス、ティーラック、などです。

以前スパイスガール系から流れてきた子も居ますし、そうでない子も居ます。

以前スパイスガール系で踊っていた子も多数いるので、スパイスガール系と関係あるのかと思ってしまいますが、マネージメントは別物です。

これらの店の特徴は、4000バーツでコヨーテをペイバー出来るという事です。

その他5杯1度にドリンクを奢ると、その子はその日はもう踊る必要が無く、同じ客の所にずっと居ても良いそうです。

ルールもゆるく、携帯番号の交換なども問題ないですし、タバコ吸おうが飯食おうが良いようです。

しかし4000バーツでペイバー出来ると言っても、あくまで選択権は女の子にあります。

客が望んでも女の子が拒否すれば出来ません。

それにペイバーした後、ホテルに連れ込めるのかも女の子次第です。連れ込めた場合でもそこからは別料金です。

以上のように、「B級コヨーテ」店ではペイバーできるといっても、ほとんど意味がありません。

それに女の子も「スパイスガール系」に比べるとレベルがぐっと落ちます。

私見ですが、スパイスガール系から流れてきた子というのは、あまり客がついていなかった子が多いです。

スパイスガール系の厳しい縛りが嫌で流れてきた子も多いです。


最近の傾向ですが、いわゆるスパイスガール系店の客入りが悪いです。

インターネットなどでいろいろな評判が出回り、日本人ほとんどに知れてしまいましたから。

それで、「バカラは超満員で座る所も無い、でも前のリオには客が一人も居ない。」なんて事が起ってます。

一方B級コヨーティ店の方は、コヨーティ導入後、確実に客入りが良くなっています。

カウボーイ2なんて以前はいつも誰も居ませんでしたから。

4000バーツでペイバーしていく客も結構見かけます。


2013年 今年はどうなっていくのでしょうか。

スパイス系が没落し、B級コヨーティ店が勢力を拡大して行くのでしょうか。

それともスパイス系の逆襲があるのでしょうか。今の状態ではとても利益が出ているとは思えません。

何か変化があり次第ご報告させて頂きます。  naka(2013年1月16日 現在)


DSC02418.jpg
コヨーティの後姿がたまらない(^_-)

[広告] VPS

↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-17(Thu)
 

nakaさんの「コヨーティへの思い」

ソイカのコヨーティ王nakaさんから「コヨーティへの思い」と言う文章をいただきましたのでアップさせていただきます。それでは・・・・



ソイカウボーイのコヨーティについて。


前書き。


西暦2008年12月

私は某コヨーティ店の前で1人のコヨーティと出会いました。

すべてはそこから始まりました。


何か「運命のような物」を彼女に感じた、と思ってしまったのです。


そして2009年、私は文字通りすべてを捨てタイに移住してきました。

しかしバラ色に思えたタイ生活は、嘘、欺瞞、詐欺、策略、喧嘩、絶望・・・

「もうこれでやめよう。」何度も決断し、そのたびそれに失敗する・・

それが2年ほど続きました。心身ともに限界でした。


しかし2011年、パタヤでの大乱闘で私もついに力尽きました。

彼女(ら)との関係は、そこで終わる事となったのです。


その後しばらくソイカを離れる期間がありましたが、

2012年8月ごろより復帰し、11月ごろより完全復活しました。


大まかではありますが、以上が私の経歴であります。


kojiさんのブログでは、私について大げさに書かれていますが、

私はコヨーティで良い思いをさせてもらったことは1度もありません。

ただのさえないオヤジであります。


ではなぜそんな、ろくなことの無かったソイカに通い続けるのでしょう。


ソイカという場所は、世界のすべて、人生のすべてが凝縮されていると考えます。

世界の中心であり、かけがえの無い場所であります。


宝はいくら探しても見つからないかもしれません。

それでも私は探し続ける事でしょう。

いや、すでに宝は見つかっているのかもしれません。

愛すべきソイカのコヨーティ(のかわいい子だけw)すべてが宝なのかもしれません。


このソイカ通いが原因で、私は命を落とす事になるかもしれません。

それは過労かも知れないし、飲みすぎによる病気かもしれないし、

まだ某店に残る、彼女の亡霊に刺されたり撃たれたりするかもしれません。

(マジ、亡霊は誰でも見れます!)


それでも人生最後に網膜に焼きついた光景が、

kojiさんが店内撮影した写真のような物であるならば

私の人生にいったい何の悔いが残ると言うのでしょうか。


仏暦2556年1月

naka


DSC01363.jpg
踊るコヨーティ達

[広告] VPS
ソイカ某店前で撮った動画です

↓ひと押しお願いします(+_+)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
皆さん、お気軽にコメント下さい! 必ず返事いたします(^_^)
2013-01-16(Wed)
 
プロフィール

kojipataya

Author:kojipataya
タイ・特にパタヤとサムイ島が
大好きです!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
管理人へのお問い合せはこちら!
ブログ主kojipatayaへ意見など  直接連絡を取りたい場合はこちら  までお気軽に!!

名前:
メール:
件名:
本文:

タイのナイト情報がいっぱい
清き一票とコメントをお願いします!
日本の時間

バンコク:現地時間
タイ料理を食べよう!
1日1タイ語を覚えよう!
天気予報
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
A GO GO
パタヤ
現在の閲覧者数:
毎日ひと押しお願いします↓(>_<)
パタヤのホテルはここで!!
バンコクのホテルはここ!!
今一番お得なのはここ!クリック!!
タイ旅行・格安航空券ならHIS!
JALマイルでタイに行きました!
タイ旅行のホテル選びはココ!
安く訪タイ!!
タイツアーなら!
タイの事ならお任せ!
明日にでもタイに行きたい!
ホテル直前の予約がお得!